【アルトコイン研究所】Civic(シビック)【CVC】




【この記事は約 4 分で読めます】

またまたやらせていただきましたァン!

惨敗です。

 

前回、POTコインの仕手のようなものに参加したと書きました。

今回もCivic(シビック)【CVC】というコインに仕手が入るという情報を入手し

その初動をとるべくトレードをしました。

 

結果は1.2BTC⇒0.6BTC

惨敗。

 

前回のPOTコインの惨敗といいやばいです。

結果論ですがリップルを持って気絶してたほうがはるかにパフォーマンスが良かった。

 

しかし、このCivic(シビック)【CVC】

調べてみるとかなり将来性がありそうです。

なにか材料がでればぶっ飛ぶ可能性もあるので、長期保有もありだと思います。

 

Civic(シビック)【CVC】チャート

Civicの日足チャートです。

12月25日の日足に注目してください。

POTコインのときと同じように長い上髭を付けて高騰しています。

この高騰は時間にしたら30分くらい。

瞬間的に2倍くらいになりましがそのあとはいってこいで急落。

現在は高騰前の水準で保ちあっています。

 

Civic(シビック)【CVC】情報

通貨名(通貨単位):Civic(CVC)

最大供給量:339,309,335 CVC

現在の供給量(記事作成時):1,000,000,000 CVC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年5月31日

公式サイト:https://www.civic.com/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/civic

ホワイトペーパー:https://tokensale.civic.com/whitepaper

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1942882.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/civic/

コインデータベースより

Civicとは簡単にいうと自分の個人情報をより安全にしたりより便利に使用できるプラットフォームです。

公式サイトによるとブロックチェーンによる本人確認によって信頼性が上がっていくらしい。

技術的なことは説明を読んでもぼくには良く理解できませんが以下コインデータベースより抜粋

モバイルデバイス上のブロックチェーンとバイオメトリックによる分散アーキテクチャを採用。

個人データや物理的なハードウェアトークンなしでマルチファクタ認証を提供。

従来のID検証の一部またはすべてを置き換える。

なんかすごそう。

つまり、個人認証サービスの新分野を提供するコインという認識ですかね。

また、ID盗難防止や盗難保険などのセキュリティサービスも提供するそうです。

ニーズは確実にありそうです。

普及するには大手との提携がカギになりそうですが、前述した通り提携の材料があれば

数倍は上に行く可能性を秘めています。

色々調べていたらシビックについて非常によくまとまったブログがあったので紹介しておきます。

シビックは個人認証システムを改善できる暗号通貨

 

トレード惨敗の理由

今回もトレードには

BITTREX

を使用。

前回のPOTコインの仕手の敗因は高騰に巻き込まれたと書きました。

今回は情報を早めに入手できたので高騰前に入れました。

利益確定の指値を2倍、3倍辺りにおいて

「カモン、仕手筋」状態。完璧なシナリオ。

噴き上げを待ちました。

・・・しかしPOTのときのような爆上げが来ない。

POTに比べたらジワジワ上げの範疇です。

噴き上げを待っている間に下落が始まります。

一度押し目を作り、もう一度上を目指すと予想し

分割でエントリーするも売りが強い。

 

結局、瞬間的に付けた高値を目指すことなく高騰前水準以下に逆戻り。

ボロボロにシバかれてしまいました。

 

もういやになっちゃう。

POTコインと比べると取引量が多い人気コインだったので

そこまでの噴き上げができなかったのか。

仕手が事前に仕込んでいて売りを浴びせてきたのか。

情報提供者も一緒にシバかれていたのでよくわかりません。

 

やはりこういうトレードは一般投資家は圧倒的に不利ですね。

もう少しうまくやらないと食い物にされて終わってしまいます。

くやしいのう。くやしいのう。

 

しかしながら高騰したことも事実なので

うまくやれば一日で資金を数倍にするチャンスでもあります。

 

このHOC。連敗続きですが最後には必ず勝つことをここに宣言しておきます。

 

チャンスに乗るためには

とりあえず国内の取引所(ビットフライヤー、コインチェック等)とBITTREXの口座開設はマストなので

早めに口座を開設してください。

⇓ビットフライヤー、コインチェックの口座開設はこちらから⇓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサードリンク