7日間一歩も部屋から出なかった結果【偉業達成】




【この記事は約 3 分で読めます】

2月14日から2月20日の7日間

わたくしHOCは一歩たりとも部屋から出ませんでした。

アパートから出なかったのではありません。

部屋から一歩も出なかったのです。

そして一切誰とも会話をしなかった。

 

さすがにここまで引きこもったのは人生初です。

7日間部屋から一歩も出ないというのは

完全にホラーです。

 

人と会うのが好きじゃないと言っても

多少は会うべきだし

外に出るのが好きじゃないと言っても

多少は出るべきということが今回身に染みました。

 

この7日間のぼくはまるで

日に日に衰弱していく孤独老人のよう。

独居老人がなぜに弱っていくのか体感しました。

 

完全に外の世界をシャットアウト。

完全なる無の状態になりました。

 

 

外に出なかった理由は

ベトナムの正月は全てのお店が閉まっているから。

外に出る理由が特になかったんです。

 

まあ道路がガラガラなのでドライブしたいとか思ったし

何やらたくさん電話が鳴っていたので(全部出なかった)

外に出る理由は作ろうと思えば作ることもできました。

 

・・・が結果的に引きこもった。

 

精神状態が普通じゃないのか

元々変人だったのかはわかりませんが

7日間誰とも話さない、会わないで生きたというのは

かなりの偉業だと思ってます。

 

7日間地球上全ての人間に見られることなく過ごした。

誰にもぼくの存在を悟らせなかった。

そう、完全に存在を消すことに成功したのです。

偉業。偉業。偉業。

そして7日間で1円も使っていないこと。

これも間違いなく偉業。

 

7日間一歩たりとも部屋から出なかった結果

まずこの期間に禁煙を始めたことで何かが狂いました。

離脱症状がきつくて常にボーっとしている状態。

さらに起きたいだけ起きて

寝たいだけ寝るので

1日1日という区切りが曖昧になり

3日くらいたつと

どのくらい睡眠してるのかもわからなくなってきます。

時間の感覚が無くなり

朝なのか昼なのか夜なのかもよくわからなくなりました。

 

そして7日後に

水と食料が全て尽きました。

 

そんな状態でも

「どうせ外に行っても店閉まってるっしょ・・」

なんて考えてしまう生けるしかばねと化しました。

 

こういう風に生きていく力がでないときは

筋トレしてクタクタになるまでSEXして寝るのがベスト!

なのですがそれは叶わず(´Д`)

 

正月休みに入る前は

毎日ブログ更新だ!

FXで10万稼ぐぞ!

等、割と燃えていたはずなのに

結局腐った死体のように家にいただけでした。

 

7日間一歩たりとも部屋から出なかった結果わかったことは

大げさではなく規則正しい生活というのは

人間らしい生活をするのに必ず必要だということ。

 

煩わしい人間関係がないことは良いこと。

しかし、人間関係が全くなくなると廃人と化す可能性大。

最低限、好きな友人、家族、恋人などは必要ということ。

 

そして7日間一歩も部屋から出ないのはぼくにしかできない

偉業だということ。

 

今このブログを書いてる2月21日、8日ぶりに外に出ました。

8日ぶりに外に出ると、ハノイの渋滞も気持ちがいいね!!

とは一つも感じず、うざい渋滞はうざい渋滞のままでした。

 

 

 

 

スポンサードリンク







6 件のコメント

  • 私もテト攻勢期間中は残留組でした。
    ごく一部のレストランは営業していましたが、そこに人が集中して、普段ガラガラな店が速攻で満席になっていたのが良くも悪くも印象的でした。
    道路もいつもより少ししているかな程度で、ガラガラいうほど気分のいいものではなかったかな。

  • Hocさん外界へようこそ(笑)
    ルナーニューイヤーお疲れ様でした(ベトナム行ってから初めて知った単語ですw)
    まずテト残留組の方がいらっしゃる事にまず驚きです(爆)
    忘れもしない三年前…….
    当時、自分のお店の開店準備の真っ最中にテト突入。
    ベトナム人スタッフから
    「ベトナムのお正月は世界一美しいです。きっとあなたも田舎の風景を思い出せると思います」
    なーんて、言われてダウンジャケット着込んでみんなで奇声上げながらホアンキエム湖で町内会レベルの花火見て…かーらーのー!
    何故かどのタクシーもメーターで走らない!
    やっとの思いで空いてる路上PHO屋見つけてもクソたけー!
    天下のロイヤルシティであれば空いてるかなと思ってきたけど閉まってやがるー!
    速攻で二日後クアラルンプールに飛んでやりましたよ俺は(笑)
    よって世界一美しい正月の経験は生涯でこの二日間のみです(笑)
    例えるならば、朝の10分の運動時間が死ぬほど楽しみな接見禁止が付いた留置所生活みたいな感覚を覚えてしまいましたwww
    何で自由になる為にわざわざリスク背負って海外来て食事にまで不自由しなくちゃいけねーんだ!
    何がともあれ貴重な経験お疲れ様でした!

    • ベトナム人スタッフから
      「ベトナムのお正月は世界一美しいです。きっとあなたも田舎の風景を思い出せると思います」
      これ。
      ベトナム人ってこういうところありますよねw
      お前ベトナムから出たことないだろ・・っていう。
      天下のロイヤルシティまで閉まっちゃう旧正月。
      ぼくは二度と旧正月をベトナムで過ごすことはないでしょう。
      (美人なベトナム人と結婚した場合を除く)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です