日本は世界一いい国ではない




【この記事は約 6 分で読めます】

XIN CHAO。ブルージャスティスHOCです。

 

ボクは現在ベトナムに住んでいますが

海外に住んでいると日本の良いところ悪いところがはっきり見えます。

あるものごとを深く知ろうとするとき

外から客観的に見るっていうのも大事なことです。

 

「日本は世界一いい国ではない」とタイトルを付けていますが

日本は良い国という認識は変わりませんし

別に世界一である必要はないと思っています。

 

人によって合う合わないもありますし

あくまでも僕にとっては世界一の国ではなかったということです。

 

ということで

ベトナムに移り住んで1年が過ぎたので

このタイミングで日本のいい所悪いところを挙げてみます。

超個人的な感想ですが参考までに。

 

ベトナムにきて感じた日本の良いところ

トイレがきれい。

日本のウォシュレットトイレは最強です。

さらにどこのトイレに入ってもほぼきれい。これはすごいことです。

ベトナムのトイレの汚さはパンチが効いているので

極力自宅やホテルのトイレを使うようにしています。

便座が謎に塗れていたり、不衛生過ぎてハエがブンブン飛んでいたり

紙がなかったりとても落ち着いて用を足せるような環境ではありません。

 

日本でも居酒屋とか駅のトイレでゲロまみれのところもありますが

ベトナムと比べると総じて日本のトイレは綺麗だと言えます。

 

公共機関等の時間が正確

電車の停車位置はまるでスタープラチナのように精密。もちろん時間も正確。

この正確さは世界に誇ってもいいのではないでしょうか。

 

ベトナムでは時間を守るという概念がかなり希薄で

人も乗り物もまず時間通りにはきません。

 

警察官が礼儀正しい

ベトナムポリスは怖い。

そのせいでベトナム市民は交通事故くらいじゃ警察を呼びません。

話がややこしくなったり賄賂を要求されたりする可能性があります。

 

何かあったら警察を呼ぼうと思えることは幸せなことです。

日本の警察は超優秀です。(ベトナムと比べたら)

「俺の税金で飯食ってるくせに」なんてベトナムのポリスに言ったら

おそらく捕まって裏でボコボコにされます。

 

その他

食品が安全、ほとんどの物がベトナムより高品質、道路が舗装されてる

交通事故が少ない、娯楽施設がたくさんある等々

細かいところまであげたらキリがありません。

 

ベトナムに来て感じた日本のデメリット

ベトナムに移住して日本の良いところにたくさん気付けた反面

悪いところもたくさん感じてしまいました。

そこに日本は世界一いい国とは言えないと思った理由があります。

 

中には個人ではどうしようもできない点も挙げてしまいますが

あくまでも個人的な感想ですのでご了承くださいませ。

 

長時間労働、サービス残業の常態化

だんだんと変わりつつあるようですが、いまだに過労死が認定されたというニュースが散見されます。

長時間労働、サービス残業をしてまで守りたいものはなんなのでしょうか。

長時間労働、サービス残業を是正していかないことには世界一の国にはなれないと思うのです。

 意思に反しての長時間労働なんて幸せとは真逆のことですから。

 

ベトナム人ならきっとはっきり上司に意見を言うでしょう。

または何も言わずに辞めてしまうでしょう。

ベトナム人からすると日本人の全てを犠牲にしてまで働く感覚が

全く理解できないようです。

 

年々上昇する税金

僕もそうでしたが、給料から引かれる税金については無関心な人が多いです。

「まあこんなもんか」「みんな払ってるから仕方ない」で思考停止してますが、けっこうな額を納めています。

そしてそれが無駄なことに使われたりしています。

 

高齢化社会が進んでいる日本の税金が高いのは仕方ないといえば仕方ないのですが

海外に目を向ければ低税率の国はたくさんあります。

 

いろいろな税率の国があるということを知っていくと

日本の税率の高さがマイナスに思えてきます。

 

将来が不透明な年金制度

暮らしていけるだけの充分な年金を将来もらえるか不安な人も多いはずです。

そういう安心感も今の日本では感じにくい。

 

地震のリスク

日本には地震のリスクがあります。地震と共に生きていくしかありません。

当たり前ですが地震がない国もあります。

地震がある国はいい国ではないのか!と怒られるかもしれませんが

地震がない国の方が安心できるのは事実です。

 

北朝鮮リスク

日本に向けてミサイルを撃つ可能性がある国が近くにあるというのは

日本に住むと考えたときデメリットになります。

 

高齢化社会による弊害

人口ボーナスに期待できないのはデメリットです。

今のところ改善の兆しもありません。

ベトナムは若い人が多く国の発展に多くの人が希望を抱いています。

街を歩いているだけでもそういうエネルギーを感じます。

 

まとめ

誤解のないように言っておきますが、僕は日本が大好きです。

サービス、福利厚生、製品の品質なんかは

ベトナムと比べるとぶっちぎりで日本の方がすごいです。

現在の経済力や民度を比べたらボクが住むベトナムは話になりません。

 

ベトナムがここまでの生活水準に達するには10年か20年は最低必要でしょう。

 

しかし、ベトナムという東南アジアの一国に住んだだけで

日本が劣っている点を感じました。

 

それは上記に書いた通りです。

 

国連加盟国数は193カ国あります。

この中で日本が一番良い国だとはどうしても考えられないのです。

 

世界一良い国の国民が自殺しまくるわけはありません。

 

日本人の多くは世界を知らないのに「日本が一番」って言うところが逆に胡散臭い。

僕は日本で感じていた閉塞感が嫌で海外にきたし

ストレスが日本にいた時比80%減になったことを考えると、やはり日本世界一説には懐古的です。

 

むしろベトナム推しです。

単純に笑顔の数が違います。来たらすぐわかります。

 

また、僕が住んでいるハノイは

体感治安はすごくいいし、地震リスクや北朝鮮リスクがなく、そしてテロもない

ので恐いと思ったことはありません。

 

長時間労働、サービス残業もほとんどありません。

お金が支払われない残業もありますが、本人がある程度納得しています。

無理して残業させればベトナム人はさっさと転職してしまうので

基本的に雇用者はお金を払わざるを得ません。

 

残業代未払いで訴訟とかデモとかやるくらいなら

ベトナム人のように会社を辞めちゃえばいいんです。

その時間がもったいない。

訴訟とかデモとかしてる間は幸せとは無縁でしょうし・・・。

さっさと辞める人が増えれば会社は立ち行かなくなるので会社に一番ダメージを与えられるし

淘汰されるはずです。

 

日本で暮らすことにストレスを感じるかどうかは個人差があるかと思います。

幸せな人もいるし、ボクのように疑問を持つ人もいます。

 

この記事は日本で消耗している方へ

日本に住む以外の選択肢を考えて欲しくて書きました。

 

さあ、日本で消耗している皆さん、会社を辞めてGO TO VIET NAM です!

ベトナムでお待ちしております。

 

 

 

スポンサードリンク