HOC会社辞めるってよー36歳オスの英断ー




Xin chao!!もうすぐ無職のHOCです。

 

ついに社長に言いました!

「ぼくこの会社辞めます!!」

 

晴れて10月から無職です。

一個バイトしているので正確にはフリーターですが。

 

ベトナムでほぼ無職になるのは2度目。

ピンチです。

今回の危機も覚悟と勇気で乗り越えて見せる!!

 

会社を辞めた理由

会社を辞めた最大の理由を1つ挙げるとすれば

もっと成長したかった

になるのでしょうか。

今回辞めた会社はぼくも資本金を入れているので

会社役員ということになります。

 

しかし、実質的な経営の方針はすべて社長が決めます。

ぼくとの経営方針の乖離によって

このままでは成長できない

と感じてしまいました。

 

設立当初のイメージは

社長が高齢なのでノウハウをHOCに継承する⇒

将来的にはHOCが社長で意思決定できる

と考えていましたしが全然そんなことはありませんでした。

 

社長は以前やっていた会社の成功体験をそのまま現会社に当てはめようとします。

「前の会社だったら〇〇だ」

的なことが口癖です。

ビジネスの世界は結果が全てとも言えます。

どれだけきれいごとを言ってもキャッシュがなければ

従業員の給料を払うことも、会社を大きくすることもできません。

 

以前の会社の真似をしてうまくいけばそれでもいいと思うんです。

でも、それで結果が出ないのであれば何かを変えなければならない

とぼくは考えます。

 

ぼくは色々な提案やアイデアを出してきたつもりです。

しかし、ぼくには実績がありません。

何を言っても相手にされていない感じがしました。

「なんの経験もないお前が何言っちゃてんの?」

と思われています。

ぼくは元ポリスなのでIT会社の役員として経験も実績もありません。

それは事実です。

力のないぼくが悪いのです。

 

でも!!でも!!ぼくは

せっかくベトナムにいるんだからもっと楽しいことをしたい!

5感、いや第7感まで駆使してフルパワーでやりたい!(聖闘士はそれをセブンセンシズと呼ぶ)

のです。

 

そこは精一杯貫きたい。

誰かの意見に従うだけなのはもう嫌なんです。

 

ベトナムに来るときに安定は捨てました。

いまさら会社役員という肩書にすがる必要もありません。

 

ということで、ぼくは

ベト無職(ベトナムde無職)

になります。

 

この会社で得たこともあります。

ベトナムでの法人の作り方を学んだ

社員の裏切りを経験した

偉い人に会えた

自分ごととして会社に携われた

 

この経験は無駄にはならないと確信しています。

 

HOC最強マインドとこれから

ベトナムに来てからぼくのマインドは大きく変化しました。

徹底的に考える⇒意思決定⇒もう迷わない、考えない

このことができるようになりました。

 

以前のぼくならもっと長い期間グダグダ考えていたでしょう。

それは一見賢明に見えてただ行動が遅いだけ。

不安は動いていく過程でしかなくならない

そもそもどれだけ考えても不安は絶対0にはならない

ということを体で理解したような気がします。

 

10月からはほぼ無給になります。

せっかくの機会なので10月は

FX

中心の生活をしてみたいと思います。

1か月限定で。

VISAの問題もあるので最終的にはどこかに属さないとベトナムで生きていくのは困難ですから。

 

果たしてFXで生きていけるのか。

結果はブログで報告します。

でわでわ。

 

 

スポンサードリンク