「他人の価値観を認めない」ブロガーさん!!続けることにも意味はあるよ!




【この記事は約 4 分で読めます】

HOC(@Hoc0088)です。前回の続き記事です。

上から目線プロブロガーがサラリーマンを蔑む風潮を覆す

 

前回の記事はちょっと固すぎたので今回はちょっと軽い感じで書きます。

 

ツイッター見てたらこんなツイートがありました。

リツイートとかいいねの数を見ると

この意見はかなり支持されているということでしょう。

 

たまたまこのツイートを選んだけど

似たような論調はものすごく溢れてる。

 

この意見を批判するつもりも否定するつもりは全くないんですよ。

そういう意見もあっていいし、自分の意見が正しいとも思いません。

 

でもこれだけは言いたい。

 

続けなきゃわからない境地もある。

 

ツイートは「アルバイトを続けて頑張っても市場価値がない」

だから論点がズレちゃうかもしれないけど

なんの専門性もない人がたどり着ける境地なんかたかがしれてると思うのです。

 

ボクが好きな人だと

投資家

ウォーレン・バフェット

B.N.F

与沢翼

スポーツ選手

本田圭佑

三浦知良

上記の人たちは例外なく何かのプロです。

 

カズは高校中退してブラジルに渡って50歳過ぎてもボールを蹴り続けてる。

サッカーだけでここまでスターになったし、まだ現役で市場価値もあります。

 

世界長者番付に載るほどの大富豪ウォーレン・バフェット。

彼が投資を初めてやったのが11歳のときで

それからずっと投資を続けて偉人になった。

 

BNFさん。

無職から200億(今はもう300億以上もってるかも)

稼いだ天才トレーダー。

彼は取材を受けているときトレードに対して肯定的なことを言わなかった。

出てくるのは「トレードは苦しい」とか「サラリーマンはできない」とかネガティブな言葉ばかり。

資産が思うように増えない時期もあったが、それでも頑張って続けた結果が資産200億。

もしトレードに飽きてバイトを10種類経験していたら今の姿はない。

 

それにある程度続けなきゃ仕事の本当のおもしろさはわからないぜ、ボーイ。

ボクのベトナム語だって使えるレベルになるまで2年かかったさ。

飽きたら辞めるってやり方で覚えられる言語ってあるのかな。

野球選手の素振りのように

単語を覚えるのに地味な反復練習は欠かせないと思うのだが。

 

とはいえ

「飽きまくってバイト10種類経験しました」という行動も破天荒でおもしろい。

ぜひ友達になってみたい。

 

結局、何が言いたいかというと

一つのことを続けることは偉い。

途中で辞めるという決断をするのも偉い。

それがボクの考える一番住みやすい世界。

真逆の意見だって「敵」ではないのです。

 

これからは「愛」の時代なんですよ。

自分の価値観以外を認めないとか息苦し過ぎるわ。

もっと明るくいこうぜ。暗いよ、なんか。

 

辛気臭くなったらゴチャゴチャ言わんとプロレスでも見なよ。

プロレスは人生の縮図。

何でもありの世界。

それに50過ぎたおっさんがパンツ一丁でリングに立って

シバキあってる姿はシンプルに胸を打つよ。

 

何かを頑張って続けて

何度シバかれてそれでも立ち上がって成功する姿に人は心を打たれる。

人を感動させる人はみんな自分を信じてるんだよね。

それはバイトであっても正社員でもなんでも同じ。

 

アルバイトの数がどうだって別にどうでもいいじゃんね。

もう多くても少なくてもどっちでもいいよw

 

でももしも本当に「続けて頑張ったことなんて今時なんの市場価値もない」のだとしたら

ちょっと夢がなさすぎるね。愛もない。

日本から出て本当に良かった。

 

もしツイートした人の意図が

他人の考えに身を任せて自分で考えず

漠然とダラダラ続けてるだけだといい結果にはならないよ

というアドバイスだったらごめんなさい。

そこまで読みきれなかったです。

 

 

スポンサードリンク







4 件のコメント

  • でも長生きしないとって思うけど、でも長生きして名をくたすより短命でも世に貢献した方が素晴らしいとも思うし、でも一日の長命は世界の財宝よりも価値があると言われるし、でも短命はひとつの挫折とも言われるし、でも短く生きて歴史を残す人もおられるし、長命であっても栄光を自ら蔑んでしまう人もおられる、でも終わりよければ全て良しなはずなのに終わりが、えっ!と思われる人にも偉大な人物は枚挙にいとまがない、、、
    寿命ではないと思いますが、肝心なのはきっと自分がかけがえのない使命を持った生命であるとしっかり理解しておれば現在も行く末も境地なのではないかとも思うのです、挫折も良しまた継続も良し、日本も良しベトナムも良し、周りのせいにしてたまるもんか!自分を愛せぬものがどうして親を愛せようか、親をも愛せぬものがどうして他人を愛せようか、百千万の物語より我が身己心の一念が百千万の歴史に勝る自分史なのだと、最近は思ったりするのですよね〜、死ぬなよみんな、生きろ!挫折しても立ち上がれ!諦めたら人生勿体ないぞ(笑)

    • 山口さん
      深いですね。
      「自分を愛せぬものがどうして親を愛せようか、親をも愛せぬものがどうして他人を愛せようか」
      名言です。
      ボクも自分を愛することからはじめます。

  • んー、、、「ひとつのことを続けても意味がないからたくさんのアルバイトを経験しました。」というのをアルバイトを辞める、逃げる理由に無意識に、潜在意識として都合の良いように利用してる人も少なからずいるような気がしますww
    HOCさんがおっしゃる「続けなきゃわからない境地もある。」というのもすごく分かる気がします。
    私はどっちもアリだと思います。4年間で1つのバイトに専念することも、4年間で10このバイトをするのも。ただ、どっちも真剣に必死でバイトに取り組めば、どっちも違ったカタチの宝物になるとは思います。真剣に取り組みさえすれば、その後の人生で必ず活きてくると思うんですよねーー、たいていのことは。逆に、真剣に必死で取り組まなければ、どんなことをしたって、ダメーー笑

    そんな私は、看護学校に通っているうちに、なんとかブログで副収入を得られるように勉強したいと思っていましたが、今現在は、毎日の勉強に追われてなかなかブログの勉強ができていない毎日です苦笑

    これからもHOCさんのブログを楽しみにしています!!

    • けーさんコメントありがとうございます。
      けーさんの言う通りボクも「どっちもアリ」だと思います。
      色々やるにしろ一つに専念するにしろ大切なことは本人がそこで何を得るかだと思います。
      大切なのは真剣に取り組むこと!その通りです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です