岡本太郎の「自分の中に毒を持て」はぼくのバイブル




Xin Chaoです。HOCです。

僕は日本からベトナムにスーツケース1つだけで移住したので

当然、持っていく本は厳選しないといけません。

 

日本から連れてきた本たちはいつも僕を救ってくれる宝物です。

ということで、今回は僕が日本からベトナムに持って行った本を紹介します。

岡本太郎 

僕はこの本の至るところに付箋を貼って何度も読み返しています。

公務員を辞めるときも、ベトナムに移住するときもこの本が何度も僕を奮い立たせてくれました。

言わばこの本はモチベーション増幅装置です。

自分の職能だけに精進すれば尊敬もされる、報われもする。

それを根本的に疑ったり、捨ててしまえば生きてはいけない。

公務員でまじめに働けば尊敬もされる、報われる。

それを根本的に疑ったり、捨ててしまえば生きてはいけない。

 

それを分かってもなお岡本太郎は「危険な道」を取ると宣言し、尊敬されることも捨てた。

こういう生き方は誰にでもできるものではありません。

 

しかし、心の中では自分に正直に生きることを望んでる僕のコアな部分にガツンと響きました。

岡本太郎の根底にあるのはチャレンジの精神です。

失敗してもいい。

人間にとっての成功は、自分の夢に向かってどれだけ自分が挑んだか、努力したかどうか。

たとえどんな結果になろうとも、精一杯挑戦した。それで爽やかだ。

精一杯挑戦する

それだけでいいんだと思えました。

ベトナム行きを決意した一言です。

自信はない。

でもとにかくやってみようと決意する。

その一瞬一瞬に賭けて、ひたすらやってみる。

それだけでいいんだ。

また、それしかないんだ。

これ以上ないまっすぐな言葉を受けたとき、自分の浅ましさに気が付きました。

給料計算して、休みを数えて、いかに楽できるか考える。

そんな人生に真っ直ぐ「ノー」と言えるのが岡本太郎です。

たとえ批判を受けたとしても。

 

岡本太郎はどこまでもストレートでシンプルに突き抜けています。

この本を読むと、なんというか人間の本質に出会える気がするんですよね。

現代日本人全員に読んで欲しい名著です。

 
 
 
 

スポンサードリンク