【人と会うことが苦手だし疲れる】もっと人と会ったほうがいいのか考察




はっきりいってぼくは人と会うことが苦手です。

物凄く疲れるし、億劫です。

いい人を演じてしまう自分が嫌になったりもします。

 

しかし、最近会社の大先輩に

「人と会うことの大切さ」を説かれました。

人と会うことで

自分を助けてくれる人

自分を理解してくれる人

ビジネスに繋がる人

が見つかるから、飲み会等には積極的に参加すべきというのが大先輩の意見。

 

時同じくして、実姉にも「人と会うことは大切だ」と言われました。

曰く

パワーをもらえる

刺激になる

 

なるほど。

自分にも思い当たる節がないわけではない。

これらの意見は正しいと思う。

 

ここまで読んだ読者の方はそんなのあたりまえというかもしれません。

 

しかしながらぼくの敬愛する投資家B・N・Fさんは

誰にも会わず数百億円の資産を手に入れました。

「大切なことは全部相場から聞いた」と言っています。

つまり

成功へのヒントを誰にも聞かず自分で答えを見つけたのです。

人と会わずに成功した人もいる。

 

与沢翼さんも日本で活動している時よりも大きく資産を増やしています。

今はドバイに住んでいるので必然的に人と会う回数は減っているはずなのにです。

 

とすれば「人と会うべき」というアドアイスは的外れなのか。

ぼくより長く生きている二人が言うのだからそうは思えない。

 

 

このことが引っかかったので人と会うことの是非を考察してみました。

 

人と会うことのメリットとはなにか

人と会うことのメリットは先ほども書きましたが

自分を助けてくれる人が見つかる

自分を理解してくれる人が見つかる

友達ができる

人脈を作れる

パワーをもらえる

刺激になる

といったところでしょうか。

 

現代社会においては

ネットを通してでも(非対面のコミュニケーション)でも

上記のメリットを享受できそうな気はします。

そうすると論点は

直接人と会うことが大事かどうか

ってことになるのでしょうか。

 

まず

「自分を助けてくれる人が見つかる」

「自分を理解してくれる人が見つかる」

「友達ができる」

という意見についてですが、そもそも自分を助けてくれたり理解してくれる

本当の友達ってそんなにすぐ見つからないと思っています。

 

ぼくにとっては

信用できる友人1人2人

家族

恋人

こういうスモールな世界が気持ちいい。

 

無理やり交友関係を広げて友達多い自慢をしたいとは1ミリも思いませんし

寂しさを紛らわすだけの薄っぺらい関係にこそ疲れてしまいますし

何より得るものがなにもありません。

 

人はみんな寂しが屋だから、暇があれば

飲みに行こう、カラオケに行こう、買い物に行こう

とつるみたがります。

ぼくはそれがすごく苦手なのです。

 

人とつるむことは悪いことでもなんでもないですが

人生それだけだと成功は難しい気がします。

太宰治、吉田松陰、岡本太郎等ぼくの好きな人たちは例外なく

孤独のオーラがある。

 

100回気の合うメンバーとお酒を飲んでも

楽しさは得られても成功は得られない。

今はそういう楽しさは我慢しなくてはなりません。

人生にはそういう時期が必要だと思うからです。

 

 

では「人脈を作れる」というメリットのように

ビジネスとして人と会うのはどうか。

人と会うメリットを考えて思ったのは全部自分中心の考えですね。

自分に得があるかどうか。

「何かメリットがある人と以外付き合わない」というのは合理的ですが

そういう人が人から好かれるのかが疑問。

 

個人的には人と会うときに

そんなことを考えて人と会いたくない。

「彼はぼくのビジネスで役に立たないかな」なんて考えて会うのはなんか浅ましい。

 

人脈を広げるために人と会いまくる。

先輩はそういう意味で「人と会うことは大切」と言ったのだと思うし

効果的ではありそうですが・・・。

 

それにもしそう考えるのならば

相手にとってはどうかも考えなければならない。

ビル・ゲイツはきっと僕に会ってくれない。

親友だったら会ってくれるのかもしれませんが

自分がそういう感覚を持って会う以上

自分も相手にとってメリットがある存在じゃないと人と会えなくなってしまう。

 

なんか話が小難しくなってきてしまった。

落ち着いてくれ。

ぼくが何を言ってるかわからないだろうが、ぼくもわかってない。

 

とりあえず最後まで書ききってみます。

「パワーをもらえる」「刺激になる」

これこそネットで充分な気がします。

超BIGな人と会うのが難しい以上、偉人たちの考え方を学ぶのは

ネットや本でですよね。

刺激目的ならネットや本からもらえばいいと思う。

 

そしてなによりも人に会ってパワーや刺激をもらわないとできないことなら

そもそも情熱が足りてないだけなんじゃないかという自問をしたい。

他人様に会ってエネルギーをもらっている間に

行動力がある人はやるべきことをやってどんどん先に進んでいる。

 

まとめ

人と会うことの大切さについてぼくはまだ理解が浅い気がします。

直接人と会うことで生まれた人脈によって人生が180度変わった!

っていう経験がまだないからかもしれません。

 

むしろ本の影響を多く受けています。

とすればやはり無理してまで直接人と会うことはない?

 

運が良ければそういう人とめぐりあえるのでしょうか・・

 

ごちゃごちゃ考えた結果

結局

現時点では人脈作りのために人と会うのは有効な気もする

というモヤっとした結論しかでませんでした。

 

すみません。今回はこれでギブアップw

 

 

 

スポンサードリンク