眠れないときは無理して寝なくていい!【眠れないときの唯一の対処法】




【この記事は約 3 分で読めます】

Xin Chao!不眠症疑惑のHOCです。

最近全然眠れません。

毎日徹夜で仕事に行き、帰ってきてバタンQするもすぐ目が覚めてまた朝まで眠れないというループ。

これは辛い!!

 

みなさんもぼくほど極端じゃなくてもそういう夜はあると思います。

しかし!

ぼくは不眠症をそこまで辛く感じていません。

(さっき辛いって言ってしまいましたが笑)

 

そこでぼくが実践している対処法を紹介します。

 

眠れないときの唯一の対処法

眠れないときの唯一の対処法。それは。。。。。

 

諦める!!

これに限ります。

 

単純ですがこの諦めるの良いところは

別に寝なくてもいいやと諦めると気持ちが楽になることです。

無理して眠ろうとするから辛いんです。

なんならぼくはそこでレッドブル(闘魂)を注入しますね。ふふふ。

 

ベッドに入り、眠れないと悶絶しながら朝を迎えるよりはこの時間を有意義に使おうと考えたほうが建設的です。

12時から朝6時まであれば6時間も自由に使えます。

そう考えると不眠症すらもパワーアップするためのツールと化します。

僕はこの時間を使って猛勉強しています。

昨日はマンガ村で弱虫ペダルを読むという勉強をしました。ふふふ。

 

そもそも頑張って眠ろうとするって負の感情だと思いませんか?

休むための睡眠が「眠れない眠れない」と必要以上に不安になることで苦痛に変わる。

それよりもきっぱり頭を切り替えて

「眠れないなら寝なくていいや」と考える方が気持ちがだいぶ楽です。

逆説的ですが「眠れないなら寝なくていいや」と楽に考えることで

眠くなることもあります。

 

これを言うと「次の日の仕事が辛い」と反論されそうですが

どうしても辛かったら帰ればいい(笑)ので問題ありませんし

次の日辛くなるくらい頑張ればその日の夜は爆睡できます。

 

むしろ徹夜はポリス時代で慣れてるのでハイになったりするくらいです。

徹夜明けは意外とハイになるんですよ。

深刻に考えないでください。

 

次の日の仕事効率が落ちて周りに迷惑を掛けるという心配も無用です。

不眠症で苦しむ時期に考えるべきは自分のことです。

会社のことではありません。

それに、別に週一で早退したって罰は当たりません。

 

ぼくは今ベトナムに住んでいて病院に行っても

自分の不眠症の症状をうまく説明できないですし

八つ当たりする相手もいないので自分で解決するしかありません。

 

そこで得た結論が

諦める

なのです。

 

夜は頭がボケっとしているときはガッツリとした勉強はせずに

アマゾンプライムで映画観たり、マンガ読んだり、相場を眺めたり好きなことをしています。

ポイントは好きなことをするということですかね。

そうすることで眠れないストレスを相殺できます。

そもそも寝ることを諦めているので

寝れたらラッキーぐらいに考えていれば眠れたときお得感があります。

 

眠れない理由はいろいろあるのだとと思いますが不安がることはしません。

不安は不安を呼びます。

それよりもできることをしたほうがハッピーに近づきます。

 

海外に住んでメンタルがパワーアップしたぼくは、不眠症の自分を客観的に見ます。

「HOCは不眠症気味だなー。なんか悩みあるのかなー。でも乗り越えるHOCはイケてるなー」みたいな。

 

なんでこんな冷静なのかはわかりませんが、いまのところうまく不眠症とうまく付き合えています。

「そのうち治るっしょw」って気楽に考えてるのがいいのかもしれません。

 

スポンサードリンク