マインドセットで人生が変わった。人生にはマインドセットより重要なことはない




私は、人生の岐路に立った時、

いつも困難なほうの道を選んできた。

- 岡本太郎 -

マインドセットは何かと言うと

心構え、意識、自分の考え方、覚悟、そんな感じのことを指します。

 

つまり、自分の中の原理原則ですね。

マインドセットによって自分の行動が決まる。

 

マインドセットは本当に大事で、マインドセットで人生のすべてが変わると言ってもいいと思います。

 

マインドセットの重要さ

例えば、上記の「私は岐路にたったときいつも困難な道を選んできた」という岡本太郎のようなマインドセットを持つと

楽な道と困難な道があったときに自動的に困難な道を選ぶことができます。

逆に楽な方が好きというマインドセットも持つ人は楽な道を選びます。

どのマインドセットも持たない人は選択の度に迷って時間を浪費します。

 

ほとんどの人が楽な道を選ぶ中、岡本太郎はそのマインドセットにより困難な方の道を選ぶことができる。

岡本太郎が人と違う才能を発揮できたのもそのマインドセットによるものだと思います。

 

もし、孫正義と全く同じマインドセットを持てば行動が孫正義と同じようになります。

マインドセットは自分の行動指針ですから。

そのマインドセットを持った状態なら成功する蓋然性は飛躍的に上がるはずなんです。

 

このようにぼくたちの人生はどのようなマインドセットを持つかにによって大きく左右されます。

 

これはサッカーの長友選手の努力に対するマインドセット。

「努力は無駄にはならないし、努力は裏切らない。」

「どんなにハードなトレーニングも、これを達成すれば、前進出来ると思えるから頑張れる。わずかな一歩であっても嬉しい。」

「他人から見れば、気がつかないような小さなことであっても「成長出来ている」「良くやった」と感じること、ちっちゃな幸せを積み重ねていくことが大事なんだ。」

「目に見える成果が出なくても、やったぶんだけ、人は成長する。」

「夢が実現しなくても、努力したあとには、成長した自分が待っている。」

 

どうでしょうか。

ぼくはこれを見た時に彼が成功するのは必然だと感じました。

こういうマインドセットを持てば必ず努力できますし、彼の行動がこのマインドセットを証明しています。

 

サッカー選手でいえば本田選手も長谷部選手も長友選手もすばらしいマインドセットを持っています。

それを見ると決してマグレで成功したわけではないことがわかります。

 

逆に「やっても意味ない」というマインドセットを持ってしまったら、人は絶対に努力をしません。

結果的に成功できないということです。

 

僕の人生を変えたマインドセット

僕はやりたいことは必ずやるというマインドセットを持ちました。

ベトナムに住みたいからベトナムに住み、ブログに興味を持ったらブログを始め、ビジネスをしたいからする、投資が好きだから投資をする。

 

色々やりすぎっていう批判を良く受けますが

やりたいことは必ずやるというマインドセットを持っているので

やりたいことはやるという行動指針が ブレることはありません。

 

行動さえすれば結果は2の次です。

失敗もチャレンジしないよりは気持ちがいいし、やってみて自分に合わないことがわかるかもしれません。

これも一つのマインドセットです。

 

結果的に、やりたいことはやるというマインドセットのおかげで以前の人生の100倍幸せを感じています。

ブレない自分を持つということは幸せなんです。

 

抽象的なマインドセットでも脳に刷り込むことで人生は変わります。

僕は時間を無駄にしないという抽象的なマインドセットを刷り込んでいったことで

無駄なテレビは一切見なくなりましたし、無駄な飲み会には一切行かなくなりました。

行きたくないと感じる誘いをだんだん断ることができるようになるんです。

 

しかしながら、今、僕が成功していないということはまだ成功するマインドセットに達していないということを意味しています。

成功マインドセットで自分の原理原則が埋め尽くされるのを楽しみに、毎日勉強し、毎日本を読み、日々努力していこうと思います。

でわでわ。

 

成功への道!!その他の記事⇓

人生は環境で決まる。でも環境は変えられる。

現状維持は衰退と同じ

スポンサードリンク