FX初心者におすすめのFX口座




【この記事は約 7 分で読めます】

本記事はFXに興味はあるもののたくさんFX業者があり

一体どこの会社の口座を開けばいいの!?

とお悩みの方に向けた記事です。

 

FX業者を選ぶときに注意する点などをわかりやすく解説していきます。

 

ちなみに現在までのボクのトレード歴は2年。

2018年 与沢翼さんとジモンさんのスクールにて投資の本質について勉強する。

2019年 年初から3か月連続プラス収支。合計で+40%。

こんな感じです。

スクール代に150万くらい使い、友達付き合いも捨てて1年間本気で勉強しましたので

FX全般の知識量はかなりあると思っています。

 
 

 

それではいってみましょう。

 

スポンサーリンク

国内FXと海外FXの違い

結論から言いますと

国内業者と海外業者両方口座開設はしておくべきです。

 

もしも、どちらか一つ選べと言われたら

初心者のうちは国内業者を選びます。

 

しかし、ボクは海外業者を使っています。

なぜそんなチンプンカンプンなことが起こるのかには

ちゃんと理由があります。

その理由が口座を選ぶときに大事になってくるので必ず理解してください。

NDD方式とDD方式

・ 国内業者 DD方式
・ 海外業者 NDD方式
 

ごちゃごちゃ説明するとわかりにくくなりますので

思いっきり簡単に言いますと

国内業者のほとんどはDD方式を採用していて

投資家が利益を出すとFX業者が損をする仕組みになっています。

投資家と業者の利益関係が相反するため

理不尽な口座凍結を食らったり、投資家が不利になるような怪しい値動きをする

なんていう噂もささやかれています。

 

他方、海外口座のほとんどはNDD方式で

取引の際の手数料を収益としているため投資家の勝ち負けは業者と関係がありません。

 

この点においては海外口座の方が透明性が高いです。

ここだけを見ると国内業者を選ぶ理由はありません。

 

最大レバレッジの違い

・国内業者 最大25倍
・海外業者 最大数千倍
 

レバレッジの倍率で

証拠金に対して何倍までの金額で取引ができるかが決まります。

10万円の証拠金に対して100万円分の取引ができれば

レバレッジは10倍

ということになります。

当然レバレッジをかければかけるほどハイリスクハイリターンです。

海外口座で数千倍のレバレッジをかけて負ければあっという間に資金は溶けます。

逆も然り。

少しの軍資金でもレバレッジをかけることで大金を手にいれることが可能です。

 

夢があるのは当然海外口座なのですが

本記事は初心者に向けて書いた記事ですので

ボクはレバレッジに関しては

国内業者をおすすめします。

 

FXのイロハを知らない初心者がハイレバレッジで始めるのは危険だからです。

ハイレバレッジを使う使わないを決めるのは自分なのですが

気持ちの制御ができないからこそハイレバレッジで破産する人がいるのです。

最初は数千倍ものレバレッジをかけれない国内業者の方が安心です。

 

税金の違い

・国内 一律20%
・海外 最大50%の累進課税

国内口座を使えばどれだけ稼いでも税率は20%です。

しかし、海外口座を使うと利益は総合課税の雑所得扱いになり

最大で約50%になります。

1億円稼ぐのに2億円の利益を出さないといけなくなります。

 

累進課税なので微益であればあまり問題にはなりませんが

50%の税率はあまり夢がありません。

 

また、海外FXは損益通算ができないので注意が必要です。

たとえば、FXで1年目に100万円の損失が発生したと仮定します。

2年目に200万円の利益が発生した場合

国内FXの税制だと前年度の100万円分の損失と200万円の利益を合算して確定申告できるのです。

確定申告で課税対象になるのは100万円になります。

海外FXの税制だと、前年度の100万円分の損失を繰り越すことができません。

どれだけ前年度に赤字が出ていても、今年度の利益は200万円になり

課税対象も200万円になってしまうのです。

GemForex参照

 

税制で言えば

年間利益が微益なら海外業者

年間利益が爆益なら国内業者

が有利です。

 

最初に両方の口座を開くべきと言ったのはこのためです。

微益であれば海外口座の方が税金は安いので悩ましいところです。

 

信頼性の違い

・国内業者 金融庁の指導により信託保全有り
・海外業者 保証は業者による
 

こちらも簡単に説明すると

国内であれば万が一FX業者が倒産したとしても

資産が保全されますが、海外業者を使う場合はその業者によります。

また、海外業者を使って口座に問題が発生した場合

下手をすればすべて英語でやりとりをしなければならない可能性もあります。

 

大事な資金を預ける信頼性の観点から見ると

国内業者の方が信頼性が高いです。

 

おすすめの国内FX口座

ボクは海外在住なので当然海外FXを使ってますし

海外FXにもメリットはたくさんあるので

国内FX万歳!とはなりませんが

初心者におすすめなのはやはり国内口座です。

最大のメリットはやはり先ほど挙げた「信頼性」です。

 

本当は両方使い分けるのがベストだと思いますが

安心感を重視すると

とりあえず国内FXから始めることをおすすめします。

 

それではどこの国内FX業者を使うべきか?

ボクはDMMFXをおすすめします。

1.FX業界最狭水準のスプレッド

2.専用のスマホ取引アプリがある

3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心 「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

4.安心安全の『全額信託保全』導入済み 。3つの信託銀行で大切な資産を管理

DMMの特徴は

スプレッド(手数料のようなもの)が業界最狭水準であること。

サポートが充実しており安心安全であること。

FX口座数国内1位であること。

また、口座を開設し3か月以内に一定数トレードすると

2万円のキャッシュバックが受けられるのも魅力です。

>>今すぐ公式サイトで最短5分で口座開設する

 

おすすめの海外FX口座

最後にボクが実際に使っている口座を紹介します。

ボクがこの会社を選んでる理由は3点

・日本人トレーダーが使う海外FX口座で人気ナンバーワン

(出金拒否や不利約定の噂もない)

・海外在住であるため

・最強のツールMT4が無料で使える

 

初心者には難しいかもしれないですが

MT4についてサラッと説明します。

MT4は多くのプロトレーダーが愛用しているFXツールで

・動作が軽い

・無料

・高機能なテクニカル分析

・自動売買が可能

・世界トップシェア

・インジケーターやEAの数も圧倒的に多い

のが特徴です。

はっきり言ってMT4に慣れてしまうと国内業者ではFXをしたくなくなります。

デメリットが見つからないほど最強かつ

世界で最も利用されているFXのトレードプラットフォームなのです。

 

そのプラットフォームを使って取引できて

信頼性・安全性が高い海外口座がXMです。

与沢翼さんが使っているのもこのXMです。

 

さらに新規口座を開くと

ボーナスとして3000円

100%初回入金ボーナス&追加入金ボーナス

の特典が受けられます。

 

100%初回入金ボーナスというのは

取引資金が倍になるキャンペーンで

例えば5万円の入金に対して10万円分の取引ができます。

ボーナスは出金することはできませんが

ボーナスを使って儲けがでた場合の利益分は出金することができます。

 

また、XMの最大レバレッジは888倍なので少ない資金で

爆益を出すことも可能です。

 

初心者には国内口座の方がとっつきやすいですが

ボクは初めからXMを使ってます。

 

本記事で紹介した国内口座と海外口座は

無料でボーナスがつくのでとりあえず両方口座開設しておくことをおすすめします。

 

>>今すぐ公式サイトでXMの口座開設する

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。