ダナンの歩き方-おすすめレストラン-




Xin chao!旅行戦士HOCです。

ベトナム中部にある都市ダナンに行ってきたよ。

ということでHOCくんのグルメ紀行の時間です。

ダナンでは色んなレストランで食事しましたが特別に最強のレストランを紹介します。

ダナンに関しての過去記事も参考にしてください。

ダナンの歩き方-おすすめビーチ-

ダナンの歩き方-おすすめマッサージ-

 

おすすめレストラン

店名 Quan Be Man(クアン べー マン)

住所 Lo 13 Durong Hoang Sa – Da Nang

ここは次世代スーパーシーフードレストランです。

何が次世代って店に入ってもメニューは渡されません。

ダイレクトで食べたいお魚さんや貝さんを指名します。

ごらんあれ!このカオス。

海鮮オンチのぼくが見てもわけワカメ。無理ゲーです。

しかし魚や貝を選ばないと新鮮なシーフードを食べることができません。

一つ一つ桶や水槽の中を確認して見たことのある生物を探します。

うねうね動く気持ち悪い生物。

見にくいけどエビだけでも数種類。

貝的なもの。種類多し。

見たことあるので即ゲット!

謎の生物と隣りの貝はパス

注文するとこんな感じで魚を取ります。魚は暴れまくり地面に落ちます。

こんな感じでなんとか食べられそうなエビやら貝やらを選ぶことができました。

生まれ変わる戦士たち

ごらんあれ!グロテスクな姿からこんなにおしゃれな姿に変身した貝たち。

ほのかにいい匂いすら漂わせます。

でもね。ほんとごめん。

ぼく海鮮そんな好きじゃないんすよ。

いや、嫌いとかじゃないよ?でも肉に比べるとパンチ不足というかね。

でもせっかくだから少しいただきますか。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

はっきりいいます。

超ウマいです。

それ以外言葉が見つからない。

さきほど肉に比べてパンチ力がないと言いましたが、全くそんなことはなく濃厚な味付けで白いご飯があれば注文したいくらいです。

北海道で食べたシーフード以来の衝撃!エビはチリソースにつけて頂きました。

今までごめん戦士たち。そんなにおいしくないと勘違いしてた僕を許してください。

終わりに

ダナンに旅行する方にはぜひ行ってもらいたのですが

この店、日本人だけで行くと少々難易度が高いです。

というのも、注文は指差しで切り抜けたとしても店員が調理法をベトナム語で聞いてくるからです。

ベトナム語がわからない人は

「OK!OK!ALL OK!!」

とか言ってハイテンションで押し切って下さい。

店員が勝手に調理法を決めてくれるでしょう。

値段は写真の他にもエビやら鍋やら死ぬほど食べて日本円で4000円でした。(二人で行ったから一人2000円

店内は熱気もあるし、料理もおいしいし、謎の生物もいてネタにもなる店なので超おすすめです。