人生は環境で決まる。でも環境は自分で変えられる。




【この記事は約 4 分で読めます】

皆様はもしも

「人生は環境で決まりますか?」

と質問されたらどのように答えますか。

 

ぼくの答えは明確に「YES」

 

人生の多くは環境によって左右されると思ってます。

しかしながらその環境は自分で作るもの。

したがって全ては自己責任。

これを理解すべきだと思います。

 

そうしないと現在の不遇を親のせい、他人のせいにしてしまうからです。

つまり

人生は環境で決まる。しかし環境は自分で変えられる。

と言いたいのですよ。

 

ややこしい言い方してすみませんがどういうことか説明していきますのでお付き合いくださいませ。

 

人生は環境で決まる理由

人生は環境で決まると言える理由はたくさんあります。

統計学的にも親の思考が子供に影響するとされています。

例えば親が「男性も女性と同じように,家事や育児をするのは当然だ」と子供に刷り込めば

子供がその考え方に影響を受ける蓋然性が高まるということです。

当然といえば当然です。

 

たとえば、日本で育って日本語を覚えないということは不可能に近い。これも環境による作用ですよね。

日本で育って第一言語がベトナム語っていうのは無理な話です。これも当然のはなしです。

ダイエットすると言って食べ物に囲まれてしまったら失敗します。

野球部に入ってサッカーが上手くなることはありません。

たとえが極端ですが環境って超重要なんです。

環境にはなかなか抗えません。

 

環境に抗えないなら良い環境を作る

身内の話なんですがね。自分の不遇を親のせいにする人がいるんです。

「今うまくいってないのは親がしっかり教育しなかったせい」と言います。

クソです。

 

たとえそれが正しかったとしても、それを100万回繰り返し言っても何も変わらないんですよ。

ぼくは起こったことは全て自分のせいだと考えるようにしています。

自分のせいならいかようにも改善できるし、人を恨むことがないから爽やかボーイでいることができます。

 

アフリカで飢餓で苦しむ人たちは自分で環境を変えるのは難しいかもしれない。

でも僕たちは日本人です。

こんなに恵まれた環境はないですよ。

それをさらに人のせいにするなんて本当に見苦しいことです。

行動すれば自分の置かれた環境は変えれるんです。

 

自分の年収は仲のいい友だち5人の平均になり、この法則にはほぼ例外はないと言います。

やる気を出したければやる気ある人に囲まれる

お金を稼ぎたければお金の稼ぎ方を知ってる人に囲まれる

ベトナム語が上達したければベトナム人に囲まれる

望む環境を先に作ってしまえば自分もそれに近づくのは宇宙の真理です。

ぼくは公務員を辞めてベトナムに来たことで周りにいる人間が全て変わりました。

結果、自分の思考も大きく変化しました。周りの人間によって自分が作られるというのは正しいと体感しました。

それって周りに流されてるんじゃないの?と言う人もいるかもしれませんがそういうことではありません。

 

ぼくのように意思の弱い人間ほど先に環境を作るということをしたほうがいい。

本当は放っておいても勝手に体が動くというのが最強ですが、なかなかうまくいかないこともあります。

仕事が好きな人だって行きたくないときもある。

でも仕事に行かなくてはならないという環境があるから気分が乗らなくても行動できる。

先に環境を作る。この方法でぼくは行動力を手に入れました。

とりあえずベトナムに行く

とりあえず大学院に入る

とりあえず起業する

とりあえず逃げられない環境に飛び込む。深く考えすぎると失敗するのが怖くて動けませんから。

それは一見賢くも見えますが行動しないことには何も生まれません。

どれだけ革新的なアイデアがあっても行動しなければ何も意味がありません。

 

ソフトバンクの孫さんもシャープ元副社長の佐々木正さんとの出会いに影響を受けて成功したと言います。

誰と出会うか、どんな環境に身を置くかで人生が大きく変わるんです。

目標とする人間の考え方を学ぶ。自分のイメージを高める。そして常に自分が成長できる環境に身を置く。

なんかかっこよくないですか。

ぼくはそういう生き方をしたい。いや必ずする。ふふふ。

でわでわ。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です