自殺するくらい悩んでるならベトナムに来て欲しい




【この記事は約 4 分で読めます】

いきなりですが

自殺するくらい悩んでるならベトナムに来て欲しい

本当にそう思います。

 

日本でもやもやしてる人の悩みって

人間関係

仕事

お金

に大別されると思います。

僕がそうだったので。

でもそれってベトナムにくればあっさり解決する可能性があるんです。

その理由をこれから詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

人間関係

ベトナムに来ると日本での人間関係の概念が壊されます。

日本が世界の標準ではないことを知ります。

ベトナム人はいつでも自分中心に考えるので

これをやりたいけど反感買うかなぁ

なんて考えません。

 

やりたければやるんです。

 

例えば映画館の中。

映画のクライマックスで携帯鳴る(バイブではありません)

⇒バッグの中を確認。携帯を取り出す。

⇒電話に出る。(でるんかいw)

申し訳なさそうに電源を落とすんじゃないんです。

電話に出て「今映画観てる!あと10分!!」なんて元気よく言います。

周りの目もお構いなしです。

周りもあんまり気にしてない。

 

映画館の店員はなぜか自分のカラオケを客に聞かせてましたw

2、3人変わりばんこで。熱唱。しかも下手くそwww

周りの目はお構いなしです。

周りもあんまり気にしてないw

 

一事が万事そんな感じです。

他人は自分にあまり関心がないと理解すれば霧が晴れます。

日本の人間関係のように他人のために必要以上に消耗する必要はないんです。

ベトナムに来れば日本にいたときの価値観が破壊されるはずです。

 

人間関係で悩むなら環境を変えればいい。

そのことをベトナム人から教わりました。

嫌な上司がいる!

社長と合わない!

そんなことでも転職理由になり、なんの前触れもなくあっさり転職します。

 

仕事

ベトナムを知ってから5年経ちますが上司との関係で悩んでるって話は聞いたことありません。

嫌なら辞めちゃうからです。

会社に忠誠心を持つって話もまず聞きません。

あくまで自分中心なので

自分にとって会社がどう役に立つかが一番重要なことです。

 

スキルが上がるか、給料が上がるか、楽しいか。

えらくシンプルです。

ベトナム人にとって転職等で環境を変えることはプラスなんです。

何度転職してもベトナムではマイナスに作用することはありません。

むしろ転職が多いことを

「私は色々な職場で色々な経験をした」

なんて偉そうに語る人もいます。

それ、お前に忍耐力なかっただけだろw

と思いますが、モノは言いようなのです。

 

日本でブラック企業がなんちゃら、休みがないかんちゃら、給料があーだこーだ言ってる人。

早く辞めろw

ベトナム人なら間違いなくそう言います。

 

僕がベトナムでニートになったとき

「仕事探してます」

とFBに投稿したら100件以上の友達申請や誘いがありました。

これで仕事には困らない⇒生きていける確信が持てました。

大丈夫。仕事はあります。

 

お金

ベトナムでの物価は安いです。

150円あれば1食食べれます。

日本人であれば給料10万以上の仕事もごろごろあるのでホームレスになる心配はありません。

 

その他

時間にルーズな国民性です。

賛否両論あるでしょうがこのゆるさは自殺を考え悩んでる人には救いになると思います。

会社に遅刻も当たり前。

気分が乗らなければ休むも当たり前。

それでいて笑顔率高い。

日本でストレスになってたことがこっちではストレスになりません。

 

もちろん全くストレスがなくなるとは言えません。

違う種のストレスはあります。

空気汚い、順番抜かしされる、クチャラーが多い・・・

順番抜かしされたとしても死ぬ理由になんか到底ならないので

まあ、問題ないでしょう。

 

自殺するくらい悩んでるならベトナムに来て欲しいまとめ

死ぬこと考えたらベトナムにくるリスクなんて屁みたいなもんです。

もしベトナムが合わなければいつだってまた日本に帰れるんですから。

日本で成功してる人はこんな発展途上国を選ぶメリットはそんなにないのかもしれません。

もやもやしてる人ほどベトナムに来て欲しいと思います。

ベトナムでは自殺はほとんどありませんよ。

ベトナムはそんな幸せの国なのであります。

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。