ベト無職ーベトナムで無職になるかもしれないー




Xin chao!!HOCです。

今、ものすごくピンチな気がします。

無職になってしまうかもしれません。

ベトナムで無職。なんて楽しい人生(*’ω’*)

今回、完全にぼくの話なので、みなさん家に帰ってオナ〇ーしてた方が有意義です。

しかし、もし読んでくれる人がいるなら暑く御礼申し上げます。

Xin cam on!!(ありがとう)

まずぼくの現状を知ってくださいまし

ぼくは現在

IT会社A 役員

IT会社B アルバイト

日本語学校 校長先生(ていうかピンでやってるので先生はぼくだけ(´Д`))

投資

で口にノリをしている状態です。

なんか働きまくって儲かっているように見えるでしょう??

違います。

投資は別口座でやっていて最近変動が激しいので無視するとして他の3つの仕事を合わせて収入は

10万円程度です。

生活は苦しい(^O^)/誰かお金くれw

話のつづき Road to 無職

ということで、IT会社Aの役員が柱の仕事です。

この会社はベトナムで知り合った2人と一緒に出資して設立しました。

その3人の中で一番経験のある60歳の日本人に社長をやってもらうことになりました。

今年(2017年)の5月に設立したばかりなので、最初は給料なんて期待してませんし

うまくいかなければ最悪出資したお金は戻ってこないことも想定の範囲内です。

しかし

先日、社長が突然ぼくが出資したお金を返すと言ってきたのです。

理由は「ぼくの生活が苦しいだろうから」だそうです。

そしてこのお金で最近始めた日本語学校を一人でやってくれというのです。

ひ、ひとり?( ゚Д゚)

日本語学校を始めた経緯をサラッと説明します。

僕はもともといちポリスマンなのでITの知識はありません。

できることと言えばベトナム語の通訳ですが、これもITの知識がないぼくにとっては簡単ではありません。

そもそもお客さんが言ったことを日本語で理解できないんですもの。それをベトナム語の技術者に伝えたところで「?」ってなりますがな。

ぼくも勉強して「ITパスポート」なる資格をすぐGETしましたが基礎だけではきついものがあります。

自分が会社に貢献してないことを気まずく感じてたぼくは

自分の目標である「ベトナムと日本の架け橋」になる仕事を始めるには今しかない!

と思い立ち社長の許可を得て日本語学校を始めたのでした。

利益がでたら会社に入れられるとも思いましたし。

日本語学校の準備をするにあたって、日本語教師のアルバイトで経験を積んだり、協力者を探したり、いろいろ苦労があったんですがここでは割愛します。

話をまとめます。

日本語学校はあくまで僕も出資したIT会社Aの中で運営する

ということで始まったことなのです。

今回、社長がその学校を出資したお金を返すから一人でやってくれと言ってきたのです。

何かいろいろ言わないといけなかったのかもしれませんがぼくはもう何も言えませんでした。

無職か残留か

社長は会社を辞めてほしくて言ってるのではないと説明してくれました。

しかし、お金を返すおということは辞めて欲しいということではないかと考えてしまうんですよね。

社長が辞めて欲しいと直接言っていない以上、残ることは簡単です。

たんたんと日本語学校のビジネスを頑張ればいいだけなのですから。

現在、日本語学校の運営は文字通り一人でやっています。

でもこれがかなりしんどいのです。最低でもベトナム人の協力者が一人はいないと、雑務に時間を相当取られます。

生徒への連絡とか、教室の契約とかね。

誰も声をかけてくれないのでイラついた時期もありました。

そんなこんなで会社では社長、社員となんとなく気まずい雰囲気です。

完璧に僕一人浮いています。

そんな環境のままここにいていいのか考えてしまいます。

色々言ってしまいましたがぼくは社長のことは好きなんですよ。

ぼくも社長もベトナムが好きでベトナムに住んでいる仲間だと思っています。

もし、無職になったらVISAの問題もあるしいろいろきついことは確実です。

結局どうするの

自分の進退についてはまだ考え中です。

でも多分辞めるんだろうな。そんな予感。

そう、ぼくは逆張りの人生のほうがおもしろいと考えてしまうドM体質なのです。

ベトナムでホームレスもおもしろいかも。

その前にVISAなしで捕まるかw

さてどうしょう。