【youtube】初心者のボクがたった3ヶ月でチャンネル登録1000人を達成できた4つの方法




【この記事は約 9 分で読めます】

シンチャオ。人知れずYOUTUBEのチャンネルを開設していたHOCです。

 

YOUTUBEを始めた人がまず目指すのが

チャンネル登録者 1000人

視聴時間 4000時間

だと思います。

なぜならば

上記二つの条件をクリアしないと収益化ができないルールがあるからです。

 

今回晴れてチャンネル登録1000人を達成したので

これからYOUTUBEを始めようか悩んでいる人のために

それまでにかかった期間、動画の本数

そしてどういう方法でそこまでいったのか

を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

チャンネル登録者1000人までにかかった期間

結論から言うと

3か月

でチャンネル登録1000人に到達しました。

 

冒頭で紹介した収益化の2つの条件

チャンネル登録者 1000人

視聴時間 4000時間

を比べると、チャンネル登録1000人の方がはるかに難しいと言われています。

しかし、なぜかボクは先に難しい方の条件からクリアしてしまいました。

ですのでもう放っておいても動画がジワジワ再生されていき

一定時間経過すれば収益化できるのはほぼ確実です。

放置はしませんが(笑)

 

最初の伸び率で計算した場合、1000人到達には10ヵ月くらいかかる見通しでしたが

1ヵ月目   110人

2ヵ月目 328人

3ヵ月目 1000人

と、想定よりも大きく伸びてくれました。

この3ヵ月明確に意識していたことがあって

それが見事にハマってくれた感じです。

何を意識していたかは後述します。

投入した動画本数

こちらも結論から言うと、1000人到達までに作った動画は

約50本です。

6割くらいが10分以下の動画で

音声のみの動画もかなりあります。

 

約90日で約50本ですので

平均すると2日に1本は投稿していたことになります。

 

最初の動画投稿で丸一日時間がかかってしまったので

これでは「量」が不足すると思い

初心者でも簡単に編集できるような内容を考えながら撮っていきました。

 

アナリティクスで分析するとわかりますが

動画の更新数とチャンネル登録者数は明らかに関係があります。

ボクの場合は更新すればするほど伸びていった感じです。

 

3ヵ月でチャンネル登録1000人までいった方法

3ヵ月でチャンネル登録1000人。

これが早いと思うか遅いと思うかは人それぞれだと思います。

結果が出ない人は1年経っても到達できない数字ですし

結果が出る人はたった数日で達成する人もいます。

 

ちなみにボクが結果をどう思っているかというと

とても誇り高いですww

当ブログが最初の半年くらいほぼ友達にしか読まれなかったことを考えると

出来過ぎな結果だと思っています。

 

それでは具体的に何をしたかを説明していきます。

SNSを活用する

ツイッター、フェイスブック、ブログ、インスタ等

使えるSNSは使う!

これは大事です。

チャンネルを開設したときは当然登録者は0です。

動画をアップしたことを見込み視聴者に伝える必要があります。

 

それがどれだけ素晴らしい動画であっても見てくれる人がいなければ

それはただの自慰行為にしかなりません。

広告をしなければ動画は誰にも見られることなくひっそりとYOUTUBEのすみっこで

体育座りをしているだけでしょう。

YOUTUBEに評価されて関連動画で紹介されるようになればいいですが

それのみを期待して待つのは楽観的過ぎますし相当時間がかかります。

 

ボクは動画更新のたびにフェイスブックにも動画をアップしてきました。

ちなみに先ほど使えるSNSは使えと言いましたが主にフェイスブックしか使っていません。

ボクの動画がベトナム人向けの動画でフェイスブックにはベトナム人の友達が多い

というのが表向きの理由ですが、日本人YOUTUBERの動画のコメント欄を見ると

批判的なコメントが相当数あり、それが嫌だったというのが一番の理由です。

批判的なコメントを書きたがるのは日本人の特性なのでしょうか。

故にブログやツイッターでは動画のリンクは一切貼っていません。

その点ボクの好きなニコニコ系ベトナム人はほぼ否定的なコメントをしてきません。

「ありがとう」の嵐です。これはボクにとって大きなモチベーションになります。

 

フェイスブック⇒YOUTUBEに誘導は動画を始める前からかなり意識していて

投稿をすべてベトナム語にすることでベトナム語がわかる日本人をアピールして

ベトナム人の友達申請を5000人以上獲得しました。

その中から動画の内容と親和性がある人とそうでない人を取捨していきスタートの土台を作りました。

 

イケハヤさんやマナブログのマナさんを見ても

すでに多くのフォロワーを抱えている人がYOUTUBEを始めると

スタートダッシュがえげつないです。

確かに動画の質が低ければ意味がありませんが

自分のチャンネルに視聴者を引っ張って来る導線があるのとないのでは大違いです。

 

つまり何が言いたいかというと

SNSからYOUTUBEに流し込む戦略は有効だということです。

 

量を意識する

「量か質か」はブログでも動画でもよく問われる問題です。

ボクは圧倒的に「量」を推します。

理由は以下の通り

・「とりあえず」で動ける。行動が軽くなる。

・自分のチャンネルがお店だとすると店先の商品を充実させる必要がある。

 (初心者が一つの動画で勝負しても経験者のクオリティには勝てない)

・「質」が大事だと考えても「量」をこなすまではどんな動画が質が高いと言えるのか

  なかなか理解できない。

・「量」の中からヒットする動画の手がかりが見つかる。

・視聴者にファンになってもらいやすい

・量をこなすことで動画作成の作業を習慣化できる。

こんな感じで「量」をこなすことで得られる恩恵はたくさんあります。

 

とはいえ、誰が見てもつまらない動画を量産しても意味はありません。

意識したことは

7割の完成度で進みつつ、改善を加えていく

ということです。

一番怖かったのはごちゃごちゃ考えて結局やらないことだったので

マイルールとして上記のルールを定めました。

 

先に進んでる人からアドバイスを受ける

自分で悩んで試行錯誤することも大事ですが

もし自分より先に進んでいる人からアドバイスを受けれる機会があれば

積極的に聞くべきです。

 

自分が今悩んでいる問題は

先に進んでいる人もぶつかった問題で解決済みである場合があるからです。

だとすればアドバイスで一発解決することもあるわけです。

しかし、アドバイスを求めるということは相手の時間を奪う行為でもあるので

教えてちゃんにならないことも大事です。

 

ボクは幸運にもチャンネル登録10万人越えのスーパーな人から

アドバイスを受けることができました。

効果は言うまでもなく絶大

 

たとえ有料であっても結果を出している人からのアドバイスは

チャンネルの成長を加速させるので伸び悩んでいる人は検討してみてください。

 

自分の強みを認識する

ひとつの分野で「100人に1人」になっても、それだけでは厳しいこともあります。

でも、2つの分野で「100人に1人」になれたら、それを掛け合わせることで、

「100人に1人」×「100人に1人」で「1万人に1人」の希少性を獲得

することができるんです。

藤原 和博 : 教育改革実践家

YOUTUBEでは明らかに先行者が有利です。

ということは今から始める人は

同じ分野で競っても相当センスがない限りは負け戦にしかなりません。

しかし、自分の強みを理解することで希少性のあるチャンネルが作れます。

ボクの強みとして

・ブロガー出身

・ベトナム在住日本人

・ベトナム語学習者

・通訳経験者

・日本語教師経験者

このあたりを意識しました。

 

ブログを書いている人はわかると思いますが

記事を書いていくという行為は未来への種まきで、結果が出るのはかなり先の話です。

ボクは動画も同じだと思っていましたので

誰にも見られない時期も

ブログの経験があったことでたんたんと動画を作成することができました。

ブログの経験がない人はせっかく作った動画が誰にも見てもらえないという

苦しみにより諦めてしまう人もいるかと思います。

 

他には

日本人がベトナム語でベトナム人に向けて発信しているチャンネルが少ない

ということに目をつけました。

日本人がベトナム語を話せたとしても

ターゲットが日本人向け

そして内容はベトナム語学習動画になりがちです。

研究していくとベトナム人が怪しい日本語でベトナム人に日本語を教えているチャンネルがたくさんあり

自分が持っている戦力で効率的に戦えるフィールドはここだと考えました。

 

趣味でやるなら撮りたい動画を撮るのがベストだと思いますが

集客や収益化を考えるなら動画作成を「仕事」の一部と考えるのがオススメです。

そうすることで「好き」だけではなく「自分の強み」を考えて動画が作れますし

作業するのがめんどくさい日でも「仕事」と考えればやらざるを得ません。

 

ボクは自分の強みを考えるときに

複数の強みを掛け合わせることでいいアイデアを出すことができました。

ベトナム在住ってだけで特殊やん。再現性がないやん。

と思う方もいるでしょうが、そんなことはないと思います。

例えば

「いい声」「ゲーム好き」「おっさん」ならば

同世代に向けてレトロゲーム実況とかハマりそうです。

正解はやってみないとわからないですが、強みや自分の状況を掛け合わせると

何かが見えてくるはずです。

初心者が3ヵ月でチャンネル登録1000人までいった方法まとめ

これまでの話をまとめます。

意識するポイントとして

・SNSを活用する。

・量を意識する

・先に進んでいる人からアドバイスを受ける

・自分の強みを理解する

があります。

 

まだYOUTUBEから1円ももらっていませんが

現時点でっすでにやって良かったと思っています。

 

動画を撮るときに色々調べたりすることも勉強になりますし

何より「いい動画をありがとう」と言ってもらえることが嬉しいです。

種まきの時間は長いかもしれませんが

動画を喜んでもらえて、さらにお金がもらえる、そして集客にも使えるなんて夢の仕事だと思うわけです。

 

ブログもYOUTUBEも初期投資がほとんどいらないという点において

リスクは少ないですが、そのぶん参入者も多いはずなので「簡単に稼げる」とは思っていませんが

素人でもチャンネル登録1000人を突破できたので、何かのお役に立てればと記事にしてみました。

 

それではボクはもう逝くことにします。次の記事でお逢いしましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。