【無敗トレード】最強初心者トレード成績【FX教室】




【この記事は約 5 分で読めます】

久しぶりにリアルな投資成績を書きます。

FXのお話です。

金額を書くのは未だに心理的抵抗がありますが

結果から言うと

12月6日夜から12月7日の夜までの一日で20万以上勝ちました。

 

もちろんリスクは取りました。

リスクなくして爆益なし。

ただ逆に動いてしまった場合の損は計算してエントリーしたので

負けていたとしても問題なしのトレード。

 

今回なんでわざわざブログに書いたかというと

スイングして一日玉を持ち越したからです。

過去に持ち越してシバかれた経験があるので

最近はその日に完結するデイトレードをしていました。

 

今回は翌日にもっと利益が取れるという自信があったので持ち越したら良い方に転がりました。

 

エントリーの根拠1

ドル円の12月6日の日足で確信を強めました。

 

12月6日の夜の時点でこの日は長めの下髭をだして終わればチャンスだと思っていました。

次の日の反発に期待できるからです。

 

さらに下髭は緑色の平均線(75日)で反発していることがわかります。

緑色の平均線の下には白色の平均線(10日)赤色の平均線(200日)黄色の平均線(180日)が待ち構えています。

これは強い抵抗になり得ます。

たしか、ジモン先生が赤色の平均線(200日)黄色の平均線(180日)防御率は75%とか言ってた気がします。

 

そして、もともと直近のドル円の大きい下落はトランプのロシアゲート問題のメディアの報道によるもの。

まだ実害は全くないのに為替が反応しただけ。

ぼくはすぐに為替は本来の方向に進むのではないかと予想しました。

チャート的には一度上を目指す形に見えます。

 

エントリーの根拠2

日足で流れを確認して30分足を見てエントリーしました。

と、ビッグチャンス到来です。

これまでずっと下落していた為替が白線の部分で下げ止まりました。

ただし1回目のスラストアップで入るとフェイクの可能性があります。

 

スラストアップってなに?

説明記事はこちらから⇓

仮想通貨トレード手法

案の定上げた分を下げます。

このスラストアップは相場が上に行きたがっている合図と考えました。

 

注目ポイントはエントリーと図示したところです。

底値が切りあがったのに加えて長い下髭をつけて終わりました。

ここでぼくは確信を強めました。

1ロットで強振!!

 

ぼくのトレード手法は与沢翼、ジモン流なので逆に動いた場合はナンピンすることもあります。

それを踏まえるとしょっぱなからの1ロットはぼくにとってかなりの冒険です。

ロスカット(損切)は直近安値にセットしたのでロスカットにかかればマイナス2万ちょい。

その他にもちょこちょこエントリーしたので全部ロスカットにかかって5万くらいです。

 

しかし、それが功を奏し、翌日に強い上昇を見せてくれました。

 

その他トレード

この日のぼくは強気でした。

ユーロ円の日足を見ると

緑色の平均線(75日)に支えられてる

トレンドラインのサポートがある

という理由で次の日の反発を予測します。

これも先ほどと同じく下げ止まりを確認してからのスラストアップでエントリー。

結果論ですがめちゃくちゃいいところで入れました。

 

同じような根拠でポンド円も買って日を跨ぎました。

これも正解でした。

 

おわりに

FXを始めたのが6月末くらいだったと思うので

半年でこの成長は素直に嬉しい。

最強の初心者。

でも120万スクールに使いましたからね(*´Д`)

成長しないと無駄金になってしまいます。

 

ここにきて

トレードを始めてピケティが言う

r>g

の意味がわかってきました。

資本による収入は労働による収入を上回る。

 

数年前にビットコインを勝った人はもう億ってお金を手にしています。

その中には頭も良くない、努力もしてない人が必ずいます。

頭がいいとか優秀とかもう何ら関係ない世の中になってきたように思います。

対象物(例えばビットコイン)を持っているかいないか、たったそれだけ。

それだけで経済的自由を得られる。

 

警察官時代、同僚のポリスたちは

「○○は優秀」「○○は仕事ができない」とかそんな話ばかりでした。

そんな話がいかにズレていることか。

「うちらが退職するころには退職金がなんちゃらかんちゃら」なんて言っているのが

いかにズレていることか。

 

ビットコイン持っていれば「億」だったんですよ。「億」!!

 

もう決まった日に給料をもらい、決まった年に退職するなんていう人はお金持ちになれない時代がきたと言っていいと思います。

いや、もうそれは昔からだったかもしれません。

いつだって労働者は資本家に搾取されているイメージがあります。

労働者が頑張って働く。

それで大もうけするのは資本階級の人たちです。

 

偉そうなことを言っているぼくは今貧乏です。圧倒的に。

警察官時代の貯金で生きてますからw

すみません。すみません。

 

でもFXがうまくなればすぐ資金は作れるという事実があります。

それに少し近づけたという成長が嬉しいのです。

 

FXについて誤解している人がいますが、FXは極めれば再現性のあるトレードができます。

どういうことかというと

また同じ場面がきたら同じ理屈で同じトレードができるということです。

相場が前回と同じように動くとは限らないので

ギャンブルといえばギャンブルなのかもしれません。

しかし「再現性」があるということは

勝つ人は勝ち続けることも可能だということです。

 

そんなことを考えながらぼくはもう逝くことにします。

 

右側に損益書いてありますが見えないですね。

記事のトレード以外にスキャルピングもして15戦無敗。

(-200円は誤差なので引き分け扱いw)

+164,340円

さらに未決済の玉 現在プラス6万円があるので

20万超えのプラス!!

ナイスー!!

この20万でおいしいものを食べるなんてぼくはしません。

この20万でまたリスクを取ったトレードをして40万を狙います。

 

HOCが勉強したFXスクール記事等はこちらから

 

 

スポンサードリンク







9 件のコメント

  • ナイストレード!!
    絶好調ですね。これだけシナリオ通りになるとたまんないですね!

    自分は逆に久しぶりに25日線を割って、抵抗になると読んで、しばかれました!!
    爆上げしてますね。

    メンタル整えます。笑

    • ありがとうございます!!
      たまにこういうトレードができるからシバかれてもやめられないです。
      雇用統計トレード楽しみですね!

      • 楽しみですね!!

        与沢翼のGTSファイナルの動画見ましたが、与沢さんは相当な勉強してますね。
        ただ教科書を読むに読んで、手に入れた知識って感じですね。
        私は個人的にはジモンさんの流儀が好きです。

        • 本を読みこんだり、人脈を駆使して覚えた知識というのは間違いないですね。
          ただ、GTSとGTSファイナルを比べると与沢さんのトレード技術は格段に上がってますね。
          努力は相当したと思います。
          FXはジモンさんの方が上手ですがスクールとしては与沢さんの方がおもしろいです。
          雇用統計なのにジモンさん仮想通貨の話しかしないですねw

          • ジモンさん仮想通貨にハマってるんですかね?
            ネットには情報商材業界を引退すると言ったのに、しないで再販再販の繰り返しで、現在もFLASH再販で叩かれてます。w

            雇用統計は多少の利益で終わりました。またしても我慢できず。
            未だ早めの損切りと、利益を伸ばす見極めができないです。

          • 雇用統計はジモン先生と同じタイミングで入れば利益少しでましたね。
            大きい利益狙うとシバかれ率も高くなるので小さい利益でいいと思います!!
            ぼくは損切をゼロラインで置けたときだけ思い切って伸ばすときもありますが、それでもゼロラインで切られると少しでも利確しておけば良かったと後悔するときたくさんあります。
            ジモン先生はFXデモ口座ですし、仮想通貨に比べてボラ少ないしであまりやる気ないですね。
            でも、ジモンファミリーを稼がせるとは言ってくれてるのでスクール終わるまでは信じてついていきますw
            FLASH再販ってwジモン丸儲けですねぇ。

    • 当初はリアル口座でしたが、使ってる口座が凍結食らって今はデモ口座です。
      違うFX会社の口座開いたのでボチボチリアル口座でトレードするはずです!

  • そうなんですね。
    FXは未だちょい勝ちかトントンで、負けることが多いです。
    ジモン先生のスクールは高額で躊躇します。安かったと言えるほど勝てればいいのですが。

    https://www.turntrading.com

    たまたま上記のものを見つけたので、試しにやってみようか考え中です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です