びびりながら質問したい「体罰ってそんなに悪いんですか?」




こんにちは。HOCです。

先ほどツイッターで

父親がゲーム中の息子に「ご飯だよー」って声をかけたら息子が切れて父親を刺殺したというニュースを見ました。

いつからか、子供が親を殺す「親殺し」のニュースが珍しくなくなりました。

なぜにこんな世の中になってしまったのでしょう。

 

守ろうよ父親の威厳

ホアビン君
俺はひっぱかたれて育ったぜ

ホアビン君が言うように以前は体罰が日常茶飯事だったと思います。

家には怖い父親がいて、もしくは学校には怖い先生がいて

そういう大人にシバかれるのが恐くていい子でいるという図式がありました。

体罰がある意味、度を過ぎた行為の抑止力になっていたといえるでしょう。

少なくとも僕とホアビン君はそうでした。

父親に立ち向かうなんてそれは閻魔様に立ち向かうのと同義で絶対にできなかった。

今回被害者となってしまった父親の威厳はどうだったのでしょう。

体罰だけが父親の威厳を示すものではぜったいにありませんが、父親に怖さがあればこの程度で刺し殺されるなんてことはなかったように思います。

息子になめられていたのではないかと推察します。

 

体罰の是非

ぼくは体罰を肯定するわけではありません。

しかし、シバかれることで殴られる痛みを知ります。

殴られることに恐怖します。

殴られた人の痛みを想像できるようになります。

それをすっ飛ばしていきなり刃物でブスッていうのは想像力の欠如からきてるのではないかと思ったり思わなかったり。

 

体罰はダメです。

これを認めると加減をしらないウンコマン(大人)がイキって子供を殺すほどに殴るなんて事件が絶対増える。

何事も「〇〇過ぎ」は良くないと言います。

食べすぎ、飲みすぎ、寝すぎ

本来必要なことでも度を過ぎれば「害悪」になる。

 

でも今日本では度を過ぎない行為でも「悪」になってしまう可能性がある。

少し体に触れただけでも「セクハラ」「パワハラ」「暴行」

まともな人ほど怖くて何もできません。

 

ぼくはまだ独身ですが、もしもぼくの息子が切れて刃物を持ったらぶっ飛ばしてでも止めて欲しいと思ってます。

しかし、止める側の立場になれば

「無理して止めてあとあと問題になっても嫌だな」

なんて考えてしまうかもしれません。

 

「体罰」という言葉がそもそも良くないですね。

「愛情グーパンチ」とか「闘魂注入」とかにネーミングを変えましょう。

 

「体罰問題」しかり「男女平等問題」しかり「受動喫煙問題」しかり「ハラスメント問題」しかり

度が行き過ぎてクレームモンスターを生み出してるような気がしてなりません。

いまのJAPANはまともな人が息苦しくなって消耗していってませんか?

 

まとまってないまとめ

結局何を言いたいか考えました。ぼくは

体罰を認めて欲しいわけではなく

この閉塞感やばくないですか?

と問題提起したいだけでした。

 

教育に関してもSNS上では

「漢文」なんて勉強する意味あるのかとか

そもそも「学校」すらいらないとか様々な意見が飛び交っています。

議論は良いことですが「いらない派」の方たちはいらないだけではなく代替え案を提示して頂きたいですね。

そうしないと批判だけが降ってくる閉塞感JAPANになってしまいそうで本当に未来が恐い。

 

上の意見に対してのぼくは

漢文は自国の文化でもあるわけで勉強するのは何もおかしくないと思いますし

学校いらないという意見に対しては非対面のコミュニケ―ションばかりに偏ってしまうのだとしたら少し健全ではない気がします。

 

やっぱりうまくまとまらなかった(*´Д`)

でわでわ(逃)

 

 

スポンサードリンク







2 件のコメント

  • 何をしても「体罰」という単語しか使わないですからね。日本には「躾」という言葉が無くなったのかもね。

    • そうですよね。
      躾のつもりでもめでたく体罰認定されます。
      ぼくは「愛情グーパンチ」を推奨しています。
      アンパンマンもバイキンマンをシバイてるんだから子供も悪いことするとシバかれるって理解してると思うんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です