卒業旅行は格安で東南アジアに行くべき!!




【この記事は約 4 分で読めます】

シンチャオ!ベトナム移住HOCです。

 

もうすぐ卒業シーズンですし

卒業旅行でどこに行くか悩んでいる人も多いかと思います。

行先として海外に目を向けると「アジア」が第一候補になるのでないでしょうか。

 

卒業旅行でアジアを選ぶメリットとして

・LCC等を使えば格安でいける

・現地の物価安で国内旅行より安く済む可能性がある

・国内旅行より非日常を味わえる=いい思い出ができる

・移動時間が少ない(直行便がある)

・時差が少ない

があります。

 

昨今、グローバル化が加速し世界の距離が縮まってきています。

ボクが学生のころは海外なんて未知の世界でしたが

今は違います。

 

卒業旅行先としても気軽に選べるようになっています。

不便なローカル線を乗り継いで奥地の温泉に行くよりも

直行便で海外に行ってしまったほうが楽だったりする時代です。

 

これから先にあげた卒業旅行でアジアを選ぶメリットについて

詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

国内よりアジアを選ぶべき理由

国内はいつでもいける

普段の旅行だとなかなか選択肢として海外が挙がることはないですよね。

国内なら日本語も通じるので心理的にも楽チンですからね。

極論一人でもサクッといけてしまいます。

だからこそ卒業旅行では普段いけないところに行った方が

旅行の価値が高まります。

 

卒業旅行は今の仲間と行くことのできる一生に一度の旅行

です。海外まで視野を広げて選考するべきです。

 

円高の今がチャンス

円高の時は外国の通貨に比べ円の価値が高くなるため

海外旅行も安く行けるし、海外ブランドの商品が安く買えるようになります。

この記事を書いている時点(2018年1月)のドル円為替レートです。

現在、110円~114円の保ちあいを抜けて下(円高)に振れているのがわかるでしょうか。

これは円が強くなっているという意味ですので

日本⇒海外に行くには有利に働きます。

海外に行くなら為替もチェックしたいところです。

 

海外の方が刺激が強い

海外に出るとよほど行きなれた場所でない限り

目に入るもの全てが新鮮に映ります。

もしかしたらその経験があなたの人生を変えるかもしれません。

 

実際にボクもその一人で

ベトナムに滞在したときにベトナムに感動して

「いつかはここに住みたい!」

と決意しました。

 

仲間とならどこへ行っても楽しいと思いますが

国内旅行だとなかなか非日常な感覚は味わえません。

最高の仲間と海外に出れば一生の思い出になります。

 

特にベトナムは熱い!

自分がベトナムに住んでるから言うわけではありませんが

アジアでも特に東南アジア、

東南アジアでも特にベトナムがおすすめです。

 

卒業旅行にベトナムをおすすめする理由は

まずなんといっても

治安がいい

ことです。

治安がいいといってもスリなどの犯罪はそれなりに多いので

もちろん注意は必要ですが

銃社会ではないですし

地震等の天災もほとんどありません。

これがフィリピンやインドネシアだとそうはいきません。

 

女の子がかわいいのも魅力の一つです。

実際にベトナム人女子に惚れ込んでしまう日本人は多いです。

スタイルがいいとか、顔がかわいいとか外見だけでなく

個人的にはベトナム人女性の性格が大好きです。

嫉妬深い(笑)ということをのぞけば

面倒見もいいし、愛嬌もあるし、とにかく一緒にいて楽しいです。

もしも、男子グループの卒業旅行でベトナムに来ることが

あったら「カラオケ」にでも顔を出してみて下さい。

必ず盛り上がると思います。

ベトナムカラオケとは?簡単に説明します。

 

何といってもベトナム人を見てるだけでおもしろいです。

ボクはベトナム人と一緒に暮らしているだけで幸福度が10倍くらいになりました。

旅行にきてもらえばその意味がわかってもらえると思います。

とにかく幸せに生きてる人ばかりですから。

 

海外旅行に格安で行く方法

例えばベトナムハノイですと

LCC(格安航空券)

直行便が5万円以下で買えたりします。

航空券さえゲットしてしまえば

後はベトナムの物価の安さのおかげで

それほどお金はかかりません。

ローカル店ならフォー一杯150円とかそういう世界です。

 

最安航空券の見つけ方は過去記事でまとめてありますので

ぜひ参考にしてください!

ベトナム航空券、ホテル予約ならここ!!【最安値が見つかるサイト】

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。