【電車で寝てはいけない!!】通勤電車の勉強で他人と差をつける!




【この記事は約 7 分で読めます】

シンチャオ!HOCです。

 

会社に勤めていると必ず一人か二人は

なんであの人あんなに仕事ができるんだ!?

という人がいるはずです。

そういう人は人知れずコツコツ勉強していて

いつの間にか資格を取ったりもしていて未来は明るい。

 

なぜ同じ土俵で戦っていて

そんなに差がついてはしまうのか。

 

秘密は時間の使い方にあります。

本記事では時間を有効に使うために

電車の中で寝てはいけない!

というお話をしていきます。

 

眠気に任せて電車で寝ても疲労は取れません。

それどころか起きたときに

「なんか余計に疲れた」

という経験があるはずです。

 

逆に通勤電車で寝る習慣を絶てば様々なメリットを享受できます。

 

スポンサーリンク

電車で寝るのがよくない理由

通勤電車での睡眠は逆にカラダに負荷をかけることがあるというのをご存じですか?

そもそも、人間の体は座ったまま睡眠をとるような構造をしていません。

座ったまま寝ることで首・肩・腰に負担がかかってしまいます。

電車の中で寝ても体はリラックスしていません。

睡眠の質を考えれば電車で寝ることは全く効率がよくないのです。

 

また、特に冬場の電車の中は乾燥しており

たくさんの人がいるため細菌も多く飛び交っています。

そんな環境の中で寝てしまうと

乾燥によって無意識に口呼吸してしまい

体内に最近を入れることになってしまいます。

 

このように電車での睡眠はデメリットがとても多いのです。

 

ボクの資格取得体験談

先日、初めて「業務計画書」というものを書きました。

そのときに役立ったのが簿記の知識です。

簿記の資格は警察官時代にとったものですが、

勉強時間はほぼ「スキマ時間」を使ったものです。

 

スキマ時間というのは

通勤時間

その他移動時間

待ち時間

など予定と予定の間に生じる短時間の暇や

ちょっとしたものごとに取り組める僅かな余裕のこと言います。

 

つまり一見なにも生み出さないようなスキマ時間を使って勉強すれば

自分をパワーアップさせることができるのです。

だったらやらない手はないと思うのですが

通勤電車の中の様子を見てください。

多くの人が寝てるかスマホゲームをしています。

 

これチャンスじゃないですか?

だってほとんどの人が通勤電車で寝てしまってるんです。

そこであなただけが勉強したら・・・。

他の人と差をつけられるに決まってます。

 

ボクはある本を読んでそのことに25歳のときに気が付きました。

そこからスキマ時間を利用して取った資格や成果がこれです。

警察官採用試験合格

マイクロソフトオフィスマスター(Word ,Excel ,PowerPoint)

FP3級

簿記3級

ITパスポート

ベトナム語(修士号取得中)

ベトナム語に関しては現在も勉強を続けていて

当然机に向かってのガチ勉強もしていますが

当時は満員電車であっても耳にイヤホンを突っ込んで耳学習をしていました。

その他の資格は難易度は高くないのでスキマ時間だけでも充分です。

 

トイレで大をしている時間もスキマ時間と言えます。

ボクはトイレに参考書を置いて5分でも読めるようにしたり

トイレに暗記したいものを貼っておいたりしてスキマ時間を有効活用しました。

現在は絶対トイレにスマホを持っていきます。

 

警察官時代は公務員だったのだから

別に簿記の知識もFPの知識も必要ありません。

ボクは外の世界も知りたかったので勉強しましたが

勉強の習慣というのは最強です。

本職と関係のない資格でも習慣化してしまえば簡単に取ることができます。

また、勉強の習慣のおかげで

「今年絶対昇任しよう」

と決めた年に一発で昇任試験に合格できました。

 

資格だけではなく通勤時間を利用した勉強で様々な知識を吸収することができます。

村上春樹

ウォーレン・バフェット

ロバート・キヨサキ(金持ち父さん貧乏父さん)等

数えたらキリがありませんが今のボクに影響を与えた本とは全て電車の中で出会いました。

 

勉強が習慣化すると、うっかり電車で寝てしまったときに

「しまった!やっちまった!!」と思えるはずです。

そうなればしめたものです。

スキマ時間での勉強が習慣化して

勉強しないほうが気持ち悪く感じるという状態まできたということですから。

 

できるひとは時間がないと言い訳しない

「時間がない」

「忙しい」

その言い訳は極力使わないようにしています。

頑張れば時間は捻出できると思っているからです。

通勤電車で寝ないもその一つですが

やる気になればお昼休憩の1時間も

無駄にSNSを眺めている時間も

勉強時間として使えるはずです。

 

日本でお笑い芸人をしている厚切りジェイソンさんも

スキマ時間活用の大切さを以下のように言っています。

「いろんな条件が揃ったら勉強する」という考えではダメですね。

条件が揃わないことを理由に後回しにして、やらなくなるから。

(中略)有効なのは無駄な時間が出ないように隙間時間に(勉強を)組み込むことです。

(引用元:PRESIDENT Online|厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」

ちなみに厚切りジェイソンさんはただのお笑い芸人ではありません。

アメリカでの新入社員時代にコンピューターサイエンスの修士号や日本語能力検定1級を取得し

日本に来てからはIT企業の役員を務めながらお笑い芸人としても活動しているスーパーマンです。

 

ホリエモンも

場所から場所への移動時間は必ずしも無駄とは限らない。

移動中に別のことができる環境、ツールさえ整えておけば、生産性を高める貴重な時間に変わる

と言っています。

 

時間がない、忙しいからできないは誰にでも言える言い訳です。

それが本当のことだったとしても、時間がない中で成果を出したら

めっちゃかっこよくないですか。

 

ちなみボクは筋トレも全てスキマ時間にのみやっています。

着替えを用意して、移動してジムへ行く時間が取れないからですが

当方37歳。スキマ時間筋トレを始めてから今まで太ったことはありません。

筋トレにジムは必要ない。5分の自宅かんたん筋トレで充分。

スキマ時間を有効活用できればメリットが多いことがわかってもらえたでしょうか。

 

おすすめの通勤講座

電車で寝てはいけない

スキマ時間での勉強が有効

ということは理解できた。でも具体的には何をすればいいかわからないという方。

そういう方は資格取得を目指して勉強することをおすすめします。

資格試験合格という明確な目標があればより勉強に身が入ります。

 

「通勤講座」というアプリを使えば忙しい方でもスキマ時間を使って資格を取ることができます。

スマートフォン、PC、タブレットで受講できるため

通勤時間、 移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後など、ちょっとしたスキマ時間で気軽に勉強できます。

忙しい方でも、「スキマ時間で資格が取れる」のが通勤講座です。

 

講座は1講座30分程度になっているため、通勤時間などで視聴しやすくなっています。

倍速再生もできるので、短い時間で復習できます。

 

いくら素晴らしい講座でも、購入できない金額であれば意味はありません。

「通勤講座」は大手の資格学校・通信講座の5分の1程度

個人がすぐに払える金額になっています。

圧倒的な低価格です。

例えば宅建であれば19,800円(税込)で受講できます。

これが某大手だと63,000円かかります。

そのため「通勤講座」は有料受講者1万5千人を超え、急速に受講者数を伸ばしています。

 

通勤講座では

宅建、ITパスポート、簿記、行政書士、FPなど

メジャーな資格はほぼ網羅されています。

これらの資格はあなたの給料アップを実現してくれるはずです。

例えばメジャーな資格である宅建の資格は

一般的な事務職と比べて持っているだけで年収が30万ほどアップすると言われています。

営業という仕事で宅建の資格を活かした場合は1000万円以上の年収になることも可能です。

また、行政書士の平均年収は600万を超え、20代から1000万円以上を稼ぐ人もいます。

 

もし現在のあなたの年収が満足のいくものでなかった場合

電車で寝てる場合ではないんです!!

 

お金を稼ぎたいというパワーを使って

電車での眠気を吹き飛ばしてください。

 

一年後の資格を取得した後の自分の姿を思い浮かべて

ニヤニヤしながら通勤電車で勉強するんです。

明るい未来を思い描けば人は100%頑張れます。

 

通勤講座には無料講座もあります。

通勤時間に勉強して電車で寝てる人たちに圧勝しましょう。

今だけ無料登録で10%クーポンがもらえます。

スマホで学べる通勤講座はこちらから!

 

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。