ベトナム人と仕事して良かったところ5選!!




【この記事は約 5 分で読めます】

シンチャオ!ベトナム移住HOCです。

本記事では

ベトナム人と仕事して良かったこと

を紹介していきます。

 

はやいものでベトナム移住して3年が経ちました。

転職や起業をしたこともあり

前職の警察官を含めれば

仕事を通してかるく1000人以上のベトナム人と絡んできましたが

移住当初は特に日本人との働き方の違いっぷりにイライラしていました。

そのときの感情を書きなぐなった記事がこちら。

【嘘つき、いい加減】仕事上でのベトナム人の特徴6選【ベトナム人は仕事ができない!?】

 

しかしながら、今はどうかと言われると

感謝の気持ちの方が強くなっています。

なぜかというと、朝起きて

「仕事行きたくない!」

と思う日が激減したからです。

なぜそうなったかと言うと

単純に仕事を楽しく感じているからで

なんで仕事を楽しく感じるかと言うと

ベトナム人のおかげによるところが大きいのです。

 

以前の記事で書いた仕事上のベトナム人の弱点は

依然、弱点だと思っていますが

それでもベトナム人には感謝したい。圧倒的感謝。

 

ということでこれから

ベトナム人と仕事して良かったところ

を紹介していきます。

スポンサーリンク

ベトナム人と仕事して良かったところ

圧倒的にフレンドリー

家族的と言いますか、人間関係の距離感をグイグイ詰めてきます。

初日から会話するときに肩を組んでくるみたいな。

距離感が近すぎて仕事がやりにくいこともないわけではないですが。

 

でも、単身ベトナムに渡ってきた自分としては

ベトナム人のフレンドリーさに何度も救われてきました。

実際、外国にいる日本人という孤独なポジションでありながら

あまり孤独を感じていません。

嫌なことがあっても

「酒で散らす!いくぞ!」

と声を掛ければゾロゾロついてきてくれます。

 

家に招かれる、お茶に誘われる、電話が掛かってくるのはしょっちゅうです。

ボクは半分以上断りますが、あんまり根に持たれている様子はありません。

空気を読んで大事そうな時だけ参加すれば大丈夫なのも気楽で素敵です。

圧倒的に明るい

深く考えてないとも言えますが

とにかく明るい。

昨日「会社辞める・・」なんて悩んでた人間が次の日に何事もなかったように出社してきたり。

仕事中もニコニコしている人が多いため、いい雰囲気の職場が多い。

みんなよく笑います。

笑顔は人の幸福度を上げるというのは本当です。

 

将来のこととか何も恐れていません。

年金?なにそれ?おいしいの?状態です。

今日が楽しければOKという思考が根底にある気がしてなりません。

圧倒的にゆるい

うちの会社は日本式を取り入れて厳しくしています!

という会社でもせいぜい遅刻厳禁とかその程度という印象です。

厳しいというレベルが低くて失笑ものです。

多くの会社は多少の遅刻はおとがめなしで

休みの連らくも当日の朝「ちょっと用事があります。」とでも言っておけばOKな風潮です。

ボクは日本人なので遅刻も休みもしません。

とはいえ、何かあったら休める、周りもちょこちょこズル休みしてると思うと

気持ちは楽です。

 

ボクの感想としてはベトナム人には責任感もあまりないので

「それは私の仕事じゃない」とか「それは○○が悪い」と言った責任転嫁が多めです。

というか日本人からしたら信じられないくらい多い。

しかしながら、そのゆるさも考えようによっては良いところなのです。

イライラでこちらの血管が切れないようにするにはゆるさを理解する必要があり

まじめに考えるのを辞めることで、ゆるさに慣れることができるのです。

ボクはあまりイライラすることがなくなりましたw

残業少ない

帰るときに上司の許可がいらないのは当たり前で

人によっては挨拶もせず、忍者のごとくドロンします。

残業してでも仕事を終わらせる!という気合の入った人は

まだまだ少数派です。明日が納期だろうがなんだろうが帰る人は帰ります。

日本人でベトナム人のマネジメントをしている方は苦労すると思いますが

残業圧力がないのはある意味いいことなはずです。

仕事外の時間が圧倒的に大事

ベトナム人にとって仕事外の時間も大事です。

ダブルワークでストイックに稼ぐ人、家族との時間を大事にする人

時間の使い方はそれぞれですが、会社にすべてを捧げるという思考の人はほぼいません。

だらだら会社に残って一日使ってしまうという人もほぼいません。

 

ボクはうまく実践できていませんが

プライベートも大事にしていいという環境は

働き過ぎの日本人こそ参考にすべき点だと思います。

 

確かに日本人からすると

オマエこの状態で帰る?と腹が立つこともありますが

いいんです。明日やるんです。

または言い訳してごまかすからいいのです。

いつでも優先すべきは明確に自分。

逆にすがすがしいのです。

どうぞ仕事後は大好きな友達とゆっくりお酒でも飲みに行って下さい。

だれに気兼ねすることなく自分の人生を謳歌できます。

ベトナム人と仕事して良かったところ5選!!まとめ

いかがだったでしょうか。

日本人とは相まみえることのないベトナム人の働き方ですが

見方を変えると圧倒的に日本人より幸せな働き方をしています。

 

どちらの働き方がいいとは一概には言えませんが

ベトナムを知らない日本人がベトナムで働くと度肝を抜かれるはずです。

 

うまくは言えないですが、

もう日本の環境で働くのは厳しいだろうなと思うほど幸福度は上がりました。

それが上記の理由なのかどうかはボクも100%理解できておらず

続いて分析が必要なようなので、追って記事にしていきたいと思います。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

hoc

ベトナムハノイ在住。37歳。独身。 2016年、公務員を辞めてベトナムへ。 資産1億円と自由な生活を目指して奮闘中。